お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-07-08 09:50
モバイルP2Pマルチキャストにおけるソーシャルリンクによる心理的中継コストの削減
久保広行新熊亮一高橋達郎京大CQ2010-18
抄録 (和) コンテンツの大容量化に伴い,負荷分散やスケーラビリティの点から,動画ストリーミングなどのマルチメディアコンテンツを多数のモバイルユーザに配信する手法としてモバイルP2P マルチキャストに注目が集まっている.本稿では,モバイルユーザがモバイルP2P においてユーザが感じる心理コストについて議論する.一般に,モバイル環境は帯域,電力,ストレージ容量などに厳しい制約があり,モバイルユーザが他者のためにリソースを提供することの心理コストが大きい.本稿ではSNS(Social Network Service)ベースのモバイルP2P マルチキャストアーキテクチャを提案する.SNS では,ユーザ同士の友人関係からネットワークが形成されており,社会的距離の近いユーザ間で中継行動を行うことで,上述の心理コストを削減することができる.さらに,バッテリに対する心理コストとユーザの行動をモデル化し,エミュレータ実験からユーザの心理コストを測定する.そして,測定結果をMAS(Multi Agent Simulation)に組み込み,提案アーキテクチャの性能を評価する. 
(英) Recently, the improved transmission speed and mobile device capability in wireless access networks enable people to use data/audio streaming/video streaming multicast services in large scale networks via their personal mobile devices. Peer-to-peer (P2P) architecture ensures scalability and robustness more easily and more economically than server-client architecture; as the number of nodes in a P2P network increases, the amount of workload per node decreases and lessens the impact of node failure. However, mobile users feel much larger psychological cost due to strict limitations on bandwidth, processing power, memory capacity, and battery life, and they want to minimize their contributions
to these services. Therefore, the issue of how we can reduce this psychological cost remains. In this paper, we consider how effective a social networking service is as a platform for mobile P2P multicast.
We model users' cooperative behaviors in mobile P2P multicast streaming, and propose a social-network based P2P streaming architecture for mobile networks. We also measured the psychological forwarding cost of real users in mobile P2P multicast streaming through an emulation experiment.
The result shows that users cooperate with other user at a shorter social distance with lower psychological cost. We verify using multi-agent simulation that our social-network based mobile P2P multicast streaming improves service quality by reducing the psychological forwarding cost.
キーワード (和) モバイルP2P / P2Pマルチキャスト / 心理コスト / SNS / / / /  
(英) mobile P2P / P2P multicast / psychological cost / SNS / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 118, CQ2010-18, pp. 13-18, 2010年7月.
資料番号 CQ2010-18 
発行日 2010-07-01 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2010-18

研究会情報
研究会 CQ  
開催期間 2010-07-08 - 2010-07-09 
開催地(和) 宗谷ふれあい公園 
開催地(英) Soya Fureai Park 
テーマ(和) 映像配信・コミュニケーションを支える品質技術,一般 
テーマ(英) Technology of Quality for Video Streaming and Communications 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2010-07-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) モバイルP2Pマルチキャストにおけるソーシャルリンクによる心理的中継コストの削減 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Reduction of Psychological Forwarding Cost Using Social Links in Mobile P2P Multicast 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) モバイルP2P / mobile P2P  
キーワード(2)(和/英) P2Pマルチキャスト / P2P multicast  
キーワード(3)(和/英) 心理コスト / psychological cost  
キーワード(4)(和/英) SNS / SNS  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保 広行 / Hiroyuki Kubo / クボ ヒロユキ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 新熊 亮一 / Ryoichi Shinkuma / シンクマ リョウイチ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 達郎 / Tatsuro Takahashi / タカハシ タツロウ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-07-08 09:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2010-18 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.118 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2010-07-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会