お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-07-02 13:25
任意の数の鍵発行機関が存在可能な属性ベース暗号
大竹 剛NHK/情報セキュリティ大)・土井 洋情報セキュリティ大ISEC2010-30 SITE2010-26 ICSS2010-36
抄録 (和) 属性ベース暗号は,送信者が定めたポリシーを用いて暗号化を行い,ポリシーを満たす属性を有する受信者のみ復号できる方式である.近年,属性に対応する秘密鍵を発行する機関が任意の数だけ存在可能な属性ベース暗号であるDistributed Attribute-Based Encryption (DABE) がMullerらによって提案されたが,ユーザを管理する機関が全ての暗号文を復号できるという問題があった.本稿では,任意の数の鍵発行機関が存在可能な属性ベース暗号を提案する.本方式では,単独で暗号文を復号できる機関は存在しないため,Mullerらの方式よりも安全性が高い. 
(英) Ciphertext-Policy Attribute-Based Encryption (CP-ABE) allows to encrypt data under an access policy including attributes. Such ciphertexts can be decrypted by anyone with a set of attributes that satisfy the policy. Recently, Muller et al. proposed Distributed Attribute-Based Encryption (DABE), where an arbitrary number of authorities can be present to maintain attributes and their corresponding secret keys. However, their scheme requires one trusted authority that maintains users and any ciphertext can be decrypted by the authority. In this paper, we propose a ciphertext-policy attribute-based encryption scheme where an arbitrary number of attribute authorities can be present. Our scheme is more secure than the Muller et al.’s scheme, since there exists no authority that can decrypt any ciphertext.
キーワード (和) 属性ベース暗号 / Ciphertext-Policy / Multi-Authority / / / / /  
(英) Attribute-Based Encryption / Ciphertext-Policy / Multi-Authority / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 113, ISEC2010-30, pp. 153-158, 2010年7月.
資料番号 ISEC2010-30 
発行日 2010-06-24 (ISEC, SITE, ICSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ISEC2010-30 SITE2010-26 ICSS2010-36

研究会情報
研究会 ISEC IPSJ-CSEC SITE ICSS  
開催期間 2010-07-01 - 2010-07-02 
開催地(和) 弘前大学 
開催地(英) Hirosaki University 
テーマ(和) セキュリティ関係、一般、情報処理学会情報セキュリティ心理学とトラスト研究グループ (IPSJ-SPT)協賛 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2010-07-ISEC-CSEC-SITE-ICSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 任意の数の鍵発行機関が存在可能な属性ベース暗号 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Attribute-based encryption with arbitrary number of authorities 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 属性ベース暗号 / Attribute-Based Encryption  
キーワード(2)(和/英) Ciphertext-Policy / Ciphertext-Policy  
キーワード(3)(和/英) Multi-Authority / Multi-Authority  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大竹 剛 / Go Ohtake / オオタケ ゴウ
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会/情報セキュリティ大学院大学 (略称: NHK/情報セキュリティ大)
Japan Broadcasting Corporation/Institute of Information Security (略称: NHK/IISEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 土井 洋 / Hiroshi Doi / ドイ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) 情報セキュリティ大学院大学 (略称: 情報セキュリティ大)
Institute of Information Security (略称: IISEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-07-02 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-ISEC2010-30,IEICE-SITE2010-26,IEICE-ICSS2010-36 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.113(ISEC), no.114(SITE), no.115(ICSS) 
ページ範囲 pp.153-158 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ISEC-2010-06-24,IEICE-SITE-2010-06-24,IEICE-ICSS-2010-06-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会