電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-07-01 13:25
一般化Feistel型ブロック暗号における最大差分特性確率のtruncatedパス探索について
五十嵐保隆金子敏信東京理科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では一般化Feistel構造を持つブロック暗号(一般化Feistel型暗号と呼ぶ)に
おける最大差分特性確率($DCP_{max}$)のViterbi探索について検討する。
$DCP_{max}$は差分解読に対する強度指標であり、その上界はViterbiアルゴリズ
ムを用いたtruncatedパス探索により得られる。一般化Feistel型暗号の
truncatedパス探索においては、探索の結果としてbit単位の実データとしては
存在し得ない虚なパスが得られることがある。そこで我々は虚なパスを避け、
実データとして存在する可能性があるパスを導出する新たな探索手法を提案する。
提案手法により従来よりもタイトな$DCP_{max}$の上界を得ることができる。 
(英) We study a Viterbi search for the maximum differential characteristic
probability ($DCP_{max}$) of a block cipher with a generalized Feistel
structure, referred to as a generalized Feistel-type cipher (GFC). $DCP_{max}$ is a security index of differential
cryptanalysis. The upper bound of $DCP_{max}$ is given by a
truncated-path search with Viterbi algorithm.
We show that the truncated-path
search gives an imaginary path as the resultant optimum path in GFC, which
cannot be connected as a real path. We also propose a new search
algorithm to avoid such imaginary paths. Our algorithm can give the
upper bound of $DCP_{max}$ tighter than conventional one.
キーワード (和) Feistel / Viterbiアルゴリズム / 差分特性確率 / truncation / / / /  
(英) Feistel / Viterbi algorithm / differential characteristic probability / truncation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 113, ISEC2010-13, pp. 21-25, 2010年7月.
資料番号 ISEC2010-13 
発行日 2010-06-24 (ISEC, SITE, ICSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ISEC IPSJ-CSEC SITE ICSS  
開催期間 2010-07-01 - 2010-07-02 
開催地(和) 弘前大学 
開催地(英) Hirosaki University 
テーマ(和) セキュリティ関係、一般、情報処理学会情報セキュリティ心理学とトラスト研究グループ (IPSJ-SPT)協賛 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2010-07-ISEC-CSEC-SITE-ICSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 一般化Feistel型ブロック暗号における最大差分特性確率のtruncatedパス探索について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On the truncated path search for the maximum differential characteristic probability on a generalized Feistel-type block cipher 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Feistel / Feistel  
キーワード(2)(和/英) Viterbiアルゴリズム / Viterbi algorithm  
キーワード(3)(和/英) 差分特性確率 / differential characteristic probability  
キーワード(4)(和/英) truncation / truncation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 五十嵐 保隆 / Yasutaka Igarashi / イガラシ ヤスタカ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 金子 敏信 / Toshinobu Kaneko / カネコ トシノブ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-07-01 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-ISEC2010-13,IEICE-SITE2010-9,IEICE-ICSS2010-19 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.113(ISEC), no.114(SITE), no.115(ICSS) 
ページ範囲 pp.21-25 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-ISEC-2010-06-24,IEICE-SITE-2010-06-24,IEICE-ICSS-2010-06-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会