電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-06-30 14:20
表面筋電図における血流制限が筋疲労及び回復に及ぼす影響
日景千宏水戸和幸板倉直明電通大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究は、表面筋電図においてカフによる血流制限が筋疲労及び筋の回復に及ぼす影響を明らかにすることを目的とした。健康な成人男性8名を対象とした。筋疲労として20%、40%MVCの上腕二頭筋の等尺性収縮運動を疲労困憊まで行わせた。その後、回復として、疲労困憊後に間隔を置いて筋疲労時と同じ力で運動をさせた。筋疲労及び回復を表面筋電図のRMS:実行値、MDF:中央パワー周波数値を用いて調べ、カフ血流制限条件と非カフ条件とで比較をした。その結果、筋疲労のRMS値の変化率は全て増加をし、MDFの変化率はカフ血流制限条件下の20%MVCのみ横ばいに推移した。回復では運動強度、血流制限の有無の差は無かった。 
(英) Recently, low-intensity exercise training combined with KAATU training (restriction of muscular venous blood flow from the limb muscles) can result in significant and rapid increases in muscle size and strength in the arm and thigh muscles. This study examined how blood flow restriction influence muscle fatigue and muscle recovery. We measured changes in surface EMG during elbow isometric exercise at 20 and 40%MVC in blood flow restriction condition and non-blood flow restriction condition. Eight adult male subjects were examined. The result suggests that restricted condition’s influence is bigger low intensity exercise than the high-intensity exercise.
キーワード (和) 表面筋電図 / 血流制限 / 筋疲労 / 回復 / RMS / MDF / MVC /  
(英) EMG / fatigue / recovery / RMS / NDF / MVC / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 111, MBE2010-11, pp. 5-8, 2010年6月.
資料番号 MBE2010-11 
発行日 2010-06-23 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MBE  
開催期間 2010-06-30 - 2010-06-30 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) ME一般 
テーマ(英) ME in general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2010-06-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 表面筋電図における血流制限が筋疲労及び回復に及ぼす影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The influence of blood flow restriction during muscle fatigue and recovery 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 表面筋電図 / EMG  
キーワード(2)(和/英) 血流制限 / fatigue  
キーワード(3)(和/英) 筋疲労 / recovery  
キーワード(4)(和/英) 回復 / RMS  
キーワード(5)(和/英) RMS / NDF  
キーワード(6)(和/英) MDF / MVC  
キーワード(7)(和/英) MVC /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 日景 千宏 / Chihiro Hikage / ヒカゲ チヒロ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electoro Communication (略称: Univ. of Electoro-Comm.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 水戸 和幸 / Kazuyuki Mito / ミト カズユキ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electoro Communication (略称: Univ. of Electoro-Comm.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 板倉 直明 / Naoaki Itakura / イタクラ ナオアキ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electoro Communication (略称: Univ. of Electoro-Comm.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-06-30 14:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2010-11 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.111 
ページ範囲 pp.5-8 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MBE-2010-06-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会