お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-06-29 09:30
超指向性スピーカによる大画面上音像提示システム
木村健太郎東大)・宝珠山 治東大/NEC)・谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2010-23
抄録 (和) 超音波超指向性スピーカと回転放物面による拡散板を用い,音をスクリーン上で拡散させることで,音像を壁一面の大型スクリーン上に音像提示提示する手法を提案する.回転放物面に対し超音波超指向性スピーカの音を当て拡散させた際に,回転放物面の焦点において音像を形成されることを用い,1つのスピーカでスクリーン上の任意の点に音像を提示する.本手法を適用した大画面音像提示装置を試作,評価し,平面上における音像提示の従来手法であるVector Base Amplitude Panning法と比較して,音像を提示した位置と聴取者が感じた定位位置との差異の幅を26%抑えることが可能となることを示す. 
(英) This paper proposes a sound image presentation system on large screen using parametric loudspeaker and paraboloid reflector diffusing the directional sound on the screen. The diffusion of an ultrasonic directional sound on a paraboloid forms a sound focus of the paraboloid, and enables a clear sound image at any point on the screen. Evaluation of the proposed system implemented as a large screen with a projector shows that the proposed system has 26% higher sound localization accuracy than a conventional sound localization method, Vector Base Amplitude Panning method.
キーワード (和) 超指向性スピーカ / 超音波スピーカ / 音像提示 / 大画面インタフェース / 情報提示インタフェース / / /  
(英) Parametric Loudspeaker / Ultrasonic Directional Loudspeaker / Sound Image / Large Screen Interface / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 108, MVE2010-23, pp. 1-6, 2010年6月.
資料番号 MVE2010-23 
発行日 2010-06-22 (MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MVE2010-23

研究会情報
研究会 MVE ITE-HI  
開催期間 2010-06-29 - 2010-06-30 
開催地(和) 東京大学山上会館 
開催地(英) Sanjo Conference Hall 
テーマ(和) 人工現実感(HI学会VR,VR学会と共催,ITE-HIと連催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2010-06-MVE-HI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 超指向性スピーカによる大画面上音像提示システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Sound Image Presentation System on Large Screen using Parametric Loudspeaker 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 超指向性スピーカ / Parametric Loudspeaker  
キーワード(2)(和/英) 超音波スピーカ / Ultrasonic Directional Loudspeaker  
キーワード(3)(和/英) 音像提示 / Sound Image  
キーワード(4)(和/英) 大画面インタフェース / Large Screen Interface  
キーワード(5)(和/英) 情報提示インタフェース /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 健太郎 / Kentaro Kimura / キムラ ケンタロウ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宝珠山 治 / Osamu Hoshuyama / ホウシュヤマ オサム
第2著者 所属(和/英) 東京大学/NEC情報・メディアプロセッシング研究所 (略称: 東大/NEC)
The University of Tokyo/NEC Corporation. (略称: Univ. of Tokyo/NEC Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷川 智洋 / Tomohiro Tanikawa / タニカワ トモヒロ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣瀬 通孝 / Michitaka Hirose / ヒロセ ミチタカ
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-06-29 09:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-MVE2010-23 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.108 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MVE-2010-06-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会