電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-06-25 10:00
陸域観測技術衛星2号(ALOS-2)搭載のLバンドSARについて
勘角幸弘大澤右二鳩岡恭志鈴木新一JAXA
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 陸域観測技術衛星2号(ALOS-2:Advanced Land Observing Satellite-2)は、Lバンド合成開口レーダ(SAR:Synthetic Aperture Radar)を搭載した「だいち」後継ミッションである。ALOS-2は、社会のニーズを踏まえ、ALOS搭載PALSARを高分解能化、高感度化(NESZ:雑音等価後方散乱係数及びS/A:信号対不要波比)している。高分解能化は、地球観測衛星用Lバンドレーダに割り当てられた周波数帯の全帯域を使用するとともに、新たにスポットライト方式として進行方向にもビームを振る機能を持たせることで実現する。高感度化は、高出力増幅器(HPA)に高出力・高効率の窒化ガリウム(GaN)デバイスを採用することで良好なNESZを実現し、チャープ信号変調技術によりS/Aを改善する。また、回帰日数を大幅に短縮(ALOS-2:14日、ALOS:46日)し、かつ高精度軌道保持を行うことで、干渉SAR処理におけるコヒーレンスを向上させ、ストリップマップ観測のみならずスキャンSAR観測時にも干渉SAR処理が可能なシステムとしている。
本稿では、ALOS-2の主要な性能、及び搭載されるLバンドSARについて紹介する。 
(英) Advanced Land Observing Satellite -2 (ALOS-2) is the L-band SAR satellite as post ALOS mission.
ALOS-2 has higher resolution, lower noise equivalent sigma zero (NESZ), and higher signal to ambiguity ratio (S/A) than
PALSAR in order to meet the requirements for land and disaster monitoring. To realize these requirements. the new
technologies have been adopted: the maximum bandwidth allocation for L-band SAR and the spotlight mode with
active phased array antenna (APAA) for high resolution, the development of high power and efficient device for high
NESZ, and chirp modulation technique for high S/A. In addition, very accurate orbit control (orbital tube <500m) and
short repeat-pass orbit (14days) achieve the higher coherence of INSAR both between Stripmap modes and between
ScanSAR modes.
This paper introduces the overview of the L-band SAR onboard ALOS-2 as the post-ALOS mission.
キーワード (和) ALOS-2 / L-band SAR / ALOS / PALSAR / / / /  
(英) ALOS-2 / L-band SAR / ALOS / PALSAR / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 92, SANE2010-35, pp. 117-120, 2010年6月.
資料番号 SANE2010-35 
発行日 2010-06-17 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2010-06-24 - 2010-06-25 
開催地(和) JAXA筑波宇宙センター 
開催地(英) Tsukuba Space Center (JAXA) 
テーマ(和) 宇宙応用シンポジウム ~小型衛星から宇宙ステーション関連システムの開発・運用成果~ 
テーマ(英) Space applications symposium -Development and operation results from small satellite to ISS related systems- 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2010-06-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 陸域観測技術衛星2号(ALOS-2)搭載のLバンドSARについて 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The overview of the L-band SAR onboard ALOS-2 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ALOS-2 / ALOS-2  
キーワード(2)(和/英) L-band SAR / L-band SAR  
キーワード(3)(和/英) ALOS / ALOS  
キーワード(4)(和/英) PALSAR / PALSAR  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 勘角 幸弘 / Yukihiro Kankaku / カンカウk ユキヒロ
第1著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大澤 右二 / Yuji Osawa / オオサワ ユウジ
第2著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鳩岡 恭志 / Yasushi Hatooka / ハトオカ ヤスシ
第3著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 新一 / Shinichi Suzuki / スズキ シンイチ
第4著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-06-25 10:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2010-35 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.92 
ページ範囲 pp.117-120 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SANE-2010-06-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会