電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-06-24 13:50
超音波凝固切開装置におけるブレードの振動特性と安全性の検証
成澤 亮山口 匡林 秀樹千葉大)・蜂屋弘之東工大US2010-23
抄録 (和) 超音波凝固切開装置は腹腔鏡手術などで広く用いられているが,予期せぬ生体の損傷を与えることが報告されている。それらは主にキャビテーション作用によるものと考えられているが,実際のブレードの振動とキャビテーションおよび熱作用の関係が明らかになっていない。そこで,複数の計測法によってブレードの振動特性を計測し,キャビテーションの発生について検証すると共に,実際の生体におけるキャビテーション作用と熱作用の関係について検証実験を行なった。 
(英) Ultrasonically activated scalpel is used widely in laparoscope-assisted surgery, but it is concerned that it may damage the organization of the position that is different from the vibration direction in the design. It is envisioned that one of the cause of tissue damage is cavitation, but the relation between the vibration of an actual blade, the cavitation and the heat effect is not clarified. Therefore we measured the oscillation characteristic of the blade and observed the generation of cavitation bubbles and verified the relation between these. The cavitation effect and the thermal effect for a living tissue were verified.
キーワード (和) 超音波凝固切開装置 / キャビテーション / メカニカルインデックス / エロージョン / 熱作用 / / /  
(英) ultrasonically activated scalpel / cavitation / mechanical index / erosion / thermal effect / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 91, US2010-23, pp. 53-58, 2010年6月.
資料番号 US2010-23 
発行日 2010-06-17 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード US2010-23

研究会情報
研究会 US  
開催期間 2010-06-24 - 2010-06-24 
開催地(和) 東京農工大学 小金井キャンパス BASE本館1F 講義室1 
開催地(英)  
テーマ(和) 医用超音波,アコースティックイメージング,一般
(共催:日本超音波医学会・日本音響学会アコースティックイメージング研究会) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2010-06-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 超音波凝固切開装置におけるブレードの振動特性と安全性の検証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Verification of the Safety of The Ultrasonically Activated Scalpel Based on the Oscillation Characteristic of the blade 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 超音波凝固切開装置 / ultrasonically activated scalpel  
キーワード(2)(和/英) キャビテーション / cavitation  
キーワード(3)(和/英) メカニカルインデックス / mechanical index  
キーワード(4)(和/英) エロージョン / erosion  
キーワード(5)(和/英) 熱作用 / thermal effect  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 成澤 亮 / Ryo Narisawa / ナリサワ リョウ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 匡 / Tadashi Yamaguchi / ヤマグチ タダシ
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 秀樹 / Hideki Hayashi / ハヤシ ヒデキ
第3著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 蜂屋 弘之 / Hiroyuki Hachiya / ハチヤ ヒロユキ
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-06-24 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2010-23 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.91 
ページ範囲 pp.53-58 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-US-2010-06-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会