電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-06-24 15:40
多共振型圧電振動子による超音波診断装置の開発
吉住夏輝秋山いわき湘南工科大)・斎藤繁実東海大)・和田有司小山大介中村健太郎東工大US2010-27
抄録 (和) 厚さの異なる圧電素子,整合層,バッキング層から成る多層構造とすることで,広帯域な超音波の送受波が可能な圧電振動子について検討を行った.2 MHzに共振周波数を有する圧電素子と6 MHzに共振周波数を有する圧電素子を同軸上に接着した振動子を試作した.振動子を広帯域な負インパルス状の波形で駆動して,焦点付近においてハイドロフォンで音圧波形を測定した.その周波数特性には1.5 MHz,3.0 MHz.4.6 MHz,5.2 MHz,5.9 MHz,6.2 MHz,7.9 MHz,9.1 MHzにピークが現れ,これらの各周波数で超音波ビームが形成された.6.2 MHzにおいて最大値となり,これに対して-20 dBの帯域は1.3 MHzから9.1 MHzであった.多周波超音波イメージングにおける多共振型圧電振動子の有効性について,試作した振動子及びこれを組み込んだメカニカルセクタプローブを用いて各種の超音波ファントムの映像化して検討した.複数の周波数帯域においてBモードの映像化を行い,周波数コンパウンド法を適用した.その結果,干渉性の雑音であるスペックルノイズが低減され,多共振型圧電振動子の有効性が示された. 
(英) We developed the multiple resonance transducer (MRT) formed by different thickness piezo elements, matching layer and backing layer. In this report, the MRT consisted of thin piezo elements with resonance frequencies of 2 MHz and thick piezo element with resonance frequency of 6 MHz. The MRT was excited by negative impulse waveform, and radiated ultrasonic waveform was measured by hydrophone at focal point. Its frequency characteristics had peaks at 1.5 MHz, 3.0 MHz, 4.6 MHz, 5.2 MHz, 5.9 MHz, 6.2 MHz, 7.9 MHz and 9.1 MHz. Peak at 6.2 MHz has maximum value. The MRT had band from 1.3 MHz to 9.1 MHz. To examine the advantage of the MRT, imaging of ultrasonic phantoms were performed by using many frequency components. From the results, speckle noise was effectively reduced from the ultrasonic images.
キーワード (和) 広帯域 / 圧電振動子 / 周波数コンパウンド / 積層構造 / / / /  
(英) Wideband / Transducer / Frequency compound / Laminated structure / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 91, US2010-27, pp. 77-82, 2010年6月.
資料番号 US2010-27 
発行日 2010-06-17 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード US2010-27

研究会情報
研究会 US  
開催期間 2010-06-24 - 2010-06-24 
開催地(和) 東京農工大学 小金井キャンパス BASE本館1F 講義室1 
開催地(英)  
テーマ(和) 医用超音波,アコースティックイメージング,一般
(共催:日本超音波医学会・日本音響学会アコースティックイメージング研究会) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2010-06-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多共振型圧電振動子による超音波診断装置の開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of Ultrasonic Diagnostic System Using Multiple Resonance Transducer 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 広帯域 / Wideband  
キーワード(2)(和/英) 圧電振動子 / Transducer  
キーワード(3)(和/英) 周波数コンパウンド / Frequency compound  
キーワード(4)(和/英) 積層構造 / Laminated structure  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉住 夏輝 / Natsuki Yoshizumi / ヨシズミ ナツキ
第1著者 所属(和/英) 湘南工科大学 (略称: 湘南工科大)
Shonan Institute of Technology (略称: Shonan Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 秋山 いわき / Iwaki Akiyama / アキヤマ イワキ
第2著者 所属(和/英) 湘南工科大学 (略称: 湘南工科大)
Shonan Institute of Technology (略称: Shonan Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 斎藤 繁実 / Shigemi Saito / サイトウ シゲミ
第3著者 所属(和/英) 東海大学 (略称: 東海大)
Tokai University (略称: Tokai Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田 有司 / Yuji Wada / ワダ ユウジ
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Insutitute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 小山 大介 / Daisuke Koyama / コヤマ ダイスケ
第5著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Insutitute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 健太郎 / Kentaro Nakamura / ナカムラ ケンタロウ
第6著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Insutitute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-06-24 15:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2010-27 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.91 
ページ範囲 pp.77-82 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-US-2010-06-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会