お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-06-22 13:20
並行システムを解析するための逐次化と状態削減機能の実装 ~ 仕様の自動生成を目指して ~
磯部祥尚産総研CAS2010-25 VLD2010-35 SIP2010-46 CST2010-25
抄録 (和) 並行システムは逐次システムに比べてその全体の動作を把握することが難しい.そこで,並行システムが仕様を満たすことを判定するためのツールが利用されている.しかし,実際にはそのような仕様を記述することは,並行システムのモデル化よりも難しいことが多い.本報告書では,並行システムのモデルから仕様を自動生成するために,記号処理によって並行動作の逐次化と状態数削減をする手法を提案し,本手法を実装したツールについて報告する. 
(英) It is difficult to understand the whole behavior of concurrent systems comparing with sequential systems. Therefore, model checkers or theorem provers are used for verifying whether a model of a concurrent system observationally equals a formal specification. However, describing such formal specifications is often more difficult than modeling systems. This paper presents methods to sequentialize concurrent behaviors and reduce the number of states based on a symbolic approach, for generating specifications, and shows an implementation of the methods.
キーワード (和) 並行システム / 解析ツール / プロセス代数 / モデル検査 / 記号的意味論 / / /  
(英) concurrent system / analysis tool / process algebra / model check / symbolic semantics / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, 2010年6月.
資料番号  
発行日 2010-06-14 (CAS, VLD, SIP, CST) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2010-25 VLD2010-35 SIP2010-46 CST2010-25

研究会情報
研究会 CAS MSS VLD SIP  
開催期間 2010-06-21 - 2010-06-22 
開催地(和) 北見工大 
開催地(英) Kitami Institute of Technology 
テーマ(和) システムと信号処理および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MSS 
会議コード 2010-06-CAS-CST-VLD-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 並行システムを解析するための逐次化と状態削減機能の実装 
サブタイトル(和) 仕様の自動生成を目指して 
タイトル(英) An Implementation of Sequentialization and State-Reduction for Analyzing Concurrent Systems 
サブタイトル(英) Towards Automatic Generation of Specifications 
キーワード(1)(和/英) 並行システム / concurrent system  
キーワード(2)(和/英) 解析ツール / analysis tool  
キーワード(3)(和/英) プロセス代数 / process algebra  
キーワード(4)(和/英) モデル検査 / model check  
キーワード(5)(和/英) 記号的意味論 / symbolic semantics  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 磯部 祥尚 / Yoshinao Isobe / イソベ ヨシナオ
第1著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-06-22 13:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MSS 
資料番号 IEICE-CAS2010-25,IEICE-VLD2010-35,IEICE-SIP2010-46,IEICE-CST2010-25 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.86(CAS), no.87(VLD), no.88(SIP), no.89(CST) 
ページ範囲 pp.139-144 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2010-06-14,IEICE-VLD-2010-06-14,IEICE-SIP-2010-06-14,IEICE-CST-2010-06-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会