電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-06-22 09:25
ロッシー符号化とロスレス符号化を相互接続するカラー画像のためのトランスコーディング
岩橋政宏長岡技科大)・貴家仁志首都大東京
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本報告では、ロスレス符号化とロッシー符号化の相互接続に適した、カラー画像のためのトランスコーディングを提案する。白黒画像に対するトランスコーディングは、可逆ウェーブレット変換により実現される。これをカラー画像に適用するには、非可逆色変換と互換な可逆色変換が必要となる。従来の可逆色変換では、ロスレスを保証できる代わりに、互換性が低く実用的ではなかった。本報告では、可逆色変換におけるスケーリングを、ロッシー符号化における量子化に組み込むことで、ロスレス符号化時の性能を維持しつつも、トランスコーディング時の再生画像の画質を飛躍に向上させる。実験の結果、エントロピとして0.1 [bpp]程度は圧縮性能が低下するが、PSNRとしては58 [dB]程度の高画質を実現できることが確認された。 
(英) This report proposes a new transcoding between a lossless encoder and a lossy decoder for color image signals. It requires a reversible color transform (Rev.CT) with compatibility to an irreversible color transform (Irrv.CT). An existing Rev.CT guarantees lossless reconstruction of signals. However its compatibility to an Irrv.CT is not high enough for practical use. This is because a scaling is excluded from the Rev.CT for lossless coding. In this report, we embed the scaling into quantization in lossy decoding to realize both of lossless coding and transcoding with high compatibility. It is experimentally confirmed that image quality is improved by more than 37.6 [dB]. We also evaluate its performance based on various criteria including, bit-extension, word-length of signals and coefficients.
キーワード (和) ロスレス / 可逆 / 非可逆 / 符号化 / 画像 / / /  
(英) coding / transform / reversible / coding / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 88, SIP2010-39, pp. 99-104, 2010年6月.
資料番号 SIP2010-39 
発行日 2010-06-14 (CAS, VLD, SIP, CST) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CAS MSS VLD SIP  
開催期間 2010-06-21 - 2010-06-22 
開催地(和) 北見工大 
開催地(英) Kitami Institute of Technology 
テーマ(和) システムと信号処理および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2010-06-CAS-CST-VLD-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ロッシー符号化とロスレス符号化を相互接続するカラー画像のためのトランスコーディング 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Transcoding between Lossy Coding and Lossless Coding for Color Image 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ロスレス / coding  
キーワード(2)(和/英) 可逆 / transform  
キーワード(3)(和/英) 非可逆 / reversible  
キーワード(4)(和/英) 符号化 / coding  
キーワード(5)(和/英) 画像 /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩橋 政宏 / Masahiro Iwahashi / イワハシ マサヒロ
第1著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 貴家 仁志 / Hitoshi Kiya / キヤ ヒトシ
第2著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-06-22 09:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-CAS2010-18,IEICE-VLD2010-28,IEICE-SIP2010-39,IEICE-CST2010-18 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.86(CAS), no.87(VLD), no.88(SIP), no.89(CST) 
ページ範囲 pp.99-104 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2010-06-14,IEICE-VLD-2010-06-14,IEICE-SIP-2010-06-14,IEICE-CST-2010-06-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会