お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-06-21 13:05
ボロノイ分割による被覆制御へのポテンシャルゲームの応用
寺岡沙織潮 俊光金澤尚史林 直樹阪大CAS2010-8 VLD2010-18 SIP2010-29 CST2010-8
抄録 (和) センシング性能を最大化するように,複数のセンサを配置するセンサ被覆問題を考える.本稿では,ミッション空間を漏れなく被覆し,各点から最も近いセンサがその点を被覆すると仮定する.このとき,各センサのセンシング範囲はボロノイ分割で与えられる.また,このセンサ被覆問題に対して重心座標系を導入し,ポテンシャルゲームとして定式化する.そして,評価関数を局所的に最大化するセンサ配置を,レプリケータダイナミクスを用いて求める. 
(英) This paper presents a sensor coverage problem where mobile sensors are placed in a mission space so as to maximize a sensor performance for detection of targets. We assume that every point in the mission space is covered by the nearest sensor. Then, a sensing area of each sensor is represented as a Voronoi partition. By introducing a barycentric coordinate over the mission space, we formulate the sensor coverage problem as a potential game. We apply replicator dynamics to the search of sensors' positions which maximize an objective function locally.
キーワード (和) センサ被覆制御 / ボロノイ分割 / 重心座標系 / ポテンシャルゲーム / レプリケータダイナミクス / / /  
(英) sensor coverage control / Voronoi partition / barycentric coordinate / potential game / replicator dynamics / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, 2010年6月.
資料番号  
発行日 2010-06-14 (CAS, VLD, SIP, CST) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2010-8 VLD2010-18 SIP2010-29 CST2010-8

研究会情報
研究会 CAS MSS VLD SIP  
開催期間 2010-06-21 - 2010-06-22 
開催地(和) 北見工大 
開催地(英) Kitami Institute of Technology 
テーマ(和) システムと信号処理および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MSS 
会議コード 2010-06-CAS-CST-VLD-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ボロノイ分割による被覆制御へのポテンシャルゲームの応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Application of Potential Games to Coverage Control with Voronoi Partition 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) センサ被覆制御 / sensor coverage control  
キーワード(2)(和/英) ボロノイ分割 / Voronoi partition  
キーワード(3)(和/英) 重心座標系 / barycentric coordinate  
キーワード(4)(和/英) ポテンシャルゲーム / potential game  
キーワード(5)(和/英) レプリケータダイナミクス / replicator dynamics  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺岡 沙織 / Saori Teraoka / テラオカ サオリ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 潮 俊光 / Toshimitsu Ushio / ウシオ トシミツ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 金澤 尚史 / Takafumi Kanazawa / カナザワ タカフミ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 直樹 / Naoki Hayashi / ハヤシ ナオキ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-06-21 13:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MSS 
資料番号 IEICE-CAS2010-8,IEICE-VLD2010-18,IEICE-SIP2010-29,IEICE-CST2010-8 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.86(CAS), no.87(VLD), no.88(SIP), no.89(CST) 
ページ範囲 pp.43-46 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-CAS-2010-06-14,IEICE-VLD-2010-06-14,IEICE-SIP-2010-06-14,IEICE-CST-2010-06-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会