お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-06-21 15:45
混合モデルによるドップラー気象レーダの信号解析
根 智志大矢 孟田中聡久東京農工大CAS2010-14 VLD2010-24 SIP2010-35 CST2010-14
抄録 (和) ドップラー気象レーダの受信信号には,
観測目標からの反射波である気象エコーと地上からの反射波であるグランドクラッタが含まれている.
このグランドクラッタは正確な気象観測の妨げとなるため,これを除去し気象エコーのみの情報を抽出する必要がある.
従来の Moving Target Indicator (MTI) は,低周波域を抑圧することでグランドクラッタを除去する装置であるが,
低周波域に存在する気象エコーを除去する可能性がある.
そこで本稿では,受信信号の周波数スペクトルを混合密度関数にあてはめることで,気象エコーから気象データを直接推定する手法を提案する.
関数のあてはめには,パラメータの事前情報を用いるために,ペナルティつきのEMアルゴリズムを用いる.
計算機実験によって,気象エコーが低周波域に存在する場合にも,気象エコーの速度,速度幅,電力値を精度良く算出できることを示す. 
(英) The weather echo is a signal reflected at the observation target.
The ground clutter is from the ground.
Therefore, we need to remove the ground clutter.
To this end, Moving Target Indicator (MTI), which suppresses the low frequency spectra of the echo, is often used to remove the ground clutter.
However, this MTI can remove components in the weather echo that exists in a low frequency band.
To avoid this problem, we propose to model the spectra of the echos with the mixture of density functions.
We employ Expectation Maximization (EM) algorithm for a penalized likelihood function to estimate the parameters of the mixed density function.
We show by experiments that the proposed method works well in estimating the velocity, the velocity width and the power
of the weather echo even when the weather echo exists in a lower frequency part.
キーワード (和) グランドクラッタ / 気象エコー / 混合密度関数 / ペナルティつきEMアルゴアリズム / / / /  
(英) ground clutter / weather echo / mixture density function / penalized EM algorithm / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 88, SIP2010-35, pp. 75-80, 2010年6月.
資料番号 SIP2010-35 
発行日 2010-06-14 (CAS, VLD, SIP, CST) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2010-14 VLD2010-24 SIP2010-35 CST2010-14

研究会情報
研究会 CAS MSS VLD SIP  
開催期間 2010-06-21 - 2010-06-22 
開催地(和) 北見工大 
開催地(英) Kitami Institute of Technology 
テーマ(和) システムと信号処理および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2010-06-CAS-CST-VLD-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 混合モデルによるドップラー気象レーダの信号解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Signal Analysis by Mixture Model for Doppler Weather Radar 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) グランドクラッタ / ground clutter  
キーワード(2)(和/英) 気象エコー / weather echo  
キーワード(3)(和/英) 混合密度関数 / mixture density function  
キーワード(4)(和/英) ペナルティつきEMアルゴアリズム / penalized EM algorithm  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 根 智志 / Satoshi Kon / コン サトシ
第1著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: Tokyo Univ. of Agr and Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大矢 孟 / Takeshi Oya / オオヤ タケシ
第2著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: Tokyo Univ. of Agr and Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 聡久 / Toshihisa Tanaka / タナカ トシヒサ
第3著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: Tokyo Univ. of Agr and Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-06-21 15:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-CAS2010-14,IEICE-VLD2010-24,IEICE-SIP2010-35,IEICE-CST2010-14 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.86(CAS), no.87(VLD), no.88(SIP), no.89(CST) 
ページ範囲 pp.75-80 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2010-06-14,IEICE-VLD-2010-06-14,IEICE-SIP-2010-06-14,IEICE-CST-2010-06-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会