お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-06-21 16:10
LU分解の解釈による可逆コンポーネント変換
菊池久和黄 正顕村松正吾新潟大CAS2010-15 VLD2010-25 SIP2010-36 CST2010-15
抄録 (和) 所与の非可逆線形変換に対して,これの可逆変換化を提案する。下上三角分解にもとづくリフティング形式により可逆算法を得る。リフティング算法で生ずる丸め誤差と信号値域を解析する。具体的にいくつかの非可逆コンポーネント変換を可逆化し,符号化利得,およびビットレートに関する実験を通じて画像圧縮に関する注意事項を検討する。 
(英) A variant to a given irreversible linear transformation is defined based on the LU decomposition of a nonsingular matrix so that the transformation may be computed in a lifting form and may be hence reversible. Round-off errors involved with the lifting computation and the signal excursion are analyzed, and the computational complexity is also given. Some reversible component transforms are presented and experimented to provide helpful information to image compression applications. Discussions are developed with coding gain and actual bit rates.
キーワード (和) コンポーネント変換 / 可逆変換 / 画像圧縮 / LU 分解 / リフティング / まるめ誤差 / /  
(英) component transform / reversible transform / image compression / LU factorization / lifting / round-off error / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 88, SIP2010-36, pp. 81-86, 2010年6月.
資料番号 SIP2010-36 
発行日 2010-06-14 (CAS, VLD, SIP, CST) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2010-15 VLD2010-25 SIP2010-36 CST2010-15

研究会情報
研究会 CAS MSS VLD SIP  
開催期間 2010-06-21 - 2010-06-22 
開催地(和) 北見工大 
開催地(英) Kitami Institute of Technology 
テーマ(和) システムと信号処理および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2010-06-CAS-CST-VLD-SIP 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) LU分解の解釈による可逆コンポーネント変換 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Reversible Component Transforms via an Interpretation of the LU Factorization 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コンポーネント変換 / component transform  
キーワード(2)(和/英) 可逆変換 / reversible transform  
キーワード(3)(和/英) 画像圧縮 / image compression  
キーワード(4)(和/英) LU 分解 / LU factorization  
キーワード(5)(和/英) リフティング / lifting  
キーワード(6)(和/英) まるめ誤差 / round-off error  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊池 久和 / Hisakazu Kikuchi / キクチ ヒサカズ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 黄 正顕 / Junghyeun Hwang / ファン ジョンヒョン
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村松 正吾 / Shogo Muramatsu / ムラマツ ショウゴ
第3著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-06-21 16:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-CAS2010-15,IEICE-VLD2010-25,IEICE-SIP2010-36,IEICE-CST2010-15 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.86(CAS), no.87(VLD), no.88(SIP), no.89(CST) 
ページ範囲 pp.81-86 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2010-06-14,IEICE-VLD-2010-06-14,IEICE-SIP-2010-06-14,IEICE-CST-2010-06-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会