お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-06-21 10:40
既存商用カタログから編纂したISO準拠辞書要素による電子カタログ合成手法 ~ 機械要素の歯車に焦点を当てて ~
棚次三郎柿元啓祐澤井亜弓阿野幸裕白川 功二之宮 弘兵庫県立大)・川野邊 衛ベニックソリューションCAS2010-5 VLD2010-15 SIP2010-26 CST2010-5
抄録 (和) 本文は、既存の商用カタログ記載の歯車製品に基づいてISO13584に準拠した部品ライブラリ辞書(PLIB辞書)を編纂し、得られた辞書要素を用いて、電子カタログを再合成する実用的手続きを提案する。本手法はPLIB辞書編纂が未着手の業界の製品群に対して容易に適用でき、国際標準化活動への貢献が期待される。 
(英) The present paper describes a sophisticated procedure of generating ISO-compliant catalogs dedicatedly for a mechanical element of ‘gears’ on the basis of suppliers’ business catalogs. This procedure is distinctive in that it involves the compilation of a ‘parts library dictionary’ conforming to ISO13584, the so-called ‘PLIB dictionary’, where the architecture can be easily applied to other mechanical elements, for which the PLIB compilation has not yet been attempted.
キーワード (和) 辞書編纂 / ISO13584 / 電子カタログ / 機械要素「歯車」 / PLIB 辞書 / / /  
(英) Dictionary compilation / ISO13584 / Electronic catalog / Mechanical element of ‘gears’ / PLIB dictionary / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 86, CAS2010-5, pp. 25-30, 2010年6月.
資料番号 CAS2010-5 
発行日 2010-06-14 (CAS, VLD, SIP, CST) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2010-5 VLD2010-15 SIP2010-26 CST2010-5

研究会情報
研究会 CAS MSS VLD SIP  
開催期間 2010-06-21 - 2010-06-22 
開催地(和) 北見工大 
開催地(英) Kitami Institute of Technology 
テーマ(和) システムと信号処理および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CAS 
会議コード 2010-06-CAS-CST-VLD-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 既存商用カタログから編纂したISO準拠辞書要素による電子カタログ合成手法 
サブタイトル(和) 機械要素の歯車に焦点を当てて 
タイトル(英) Electronic Catalog Synthesis by Means of ISO Conforming Dictionary Elements Derived from a Set of Existing Business Catalogs 
サブタイトル(英) Focusing on Mechanical Element of 'Gears' 
キーワード(1)(和/英) 辞書編纂 / Dictionary compilation  
キーワード(2)(和/英) ISO13584 / ISO13584  
キーワード(3)(和/英) 電子カタログ / Electronic catalog  
キーワード(4)(和/英) 機械要素「歯車」 / Mechanical element of ‘gears’  
キーワード(5)(和/英) PLIB 辞書 / PLIB dictionary  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 棚次 三郎 / Saburo Tanatsugu / タナツグ サブロウ
第1著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ. of Hyogo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 柿元 啓祐 / Keisuke Kakimoto / カキモト ケイスケ
第2著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ. of Hyogo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 澤井 亜弓 / Aumi Sawai / サワイ アユミ
第3著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ. of Hyogo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿野 幸裕 / Yukihiro Ano / アノ ユキヒロ
第4著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ. of Hyogo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 白川 功 / Isao Shirakawa / シラカワ イサオ
第5著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ. of Hyogo)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 二之宮 弘 / Hiroshi Ninomiya / ニノミヤ ヒロシ
第6著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ. of Hyogo)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 川野邊 衛 / Mamoru Kawanobe / カワノベ マモル
第7著者 所属(和/英) ベニックソリューション株式会社 (略称: ベニックソリューション)
Benic Solution Corporation (略称: Benic Solution Corp.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-06-21 10:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CAS 
資料番号 IEICE-CAS2010-5,IEICE-VLD2010-15,IEICE-SIP2010-26,IEICE-CST2010-5 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.86(CAS), no.87(VLD), no.88(SIP), no.89(CST) 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2010-06-14,IEICE-VLD-2010-06-14,IEICE-SIP-2010-06-14,IEICE-CST-2010-06-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会