お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-06-21 15:20
線形予測フィルタを用いたIMC型フィードバックANCシステムの安定性向上
梶川嘉延平山諒太郎関西大CAS2010-13 VLD2010-23 SIP2010-34 CST2010-13
抄録 (和) 本稿では,線形予測フィルタを導入したIMC(Internal Model Control)構成に基づくフィードバックアクティブノイズコントロール(ANC: Active Noise Control)システムを提案する.提案ANCシステムは広帯域雑音によるシステム不安定性を抑圧するとともに狭帯域騒音を低減することが可能である.従来のフィードバックANCシステムでは広帯域雑音が狭帯域騒音に混入するとシステムが不安定になったり,最悪の場合には発散したりするという問題を有する.そこで,提案ANCシステムでは広帯域雑音を抑圧するために線形予測フィルタを導入している.そして,シミュレーション結果を通じて提案ANCシステムが広帯域雑音の影響を約15dB抑圧しつつ,狭帯域騒音を約20dB程度低減できること,ならびに従来システムでは発散するような状況においても安定に動作可能であることを実証する. 
(英) In this paper, we propose a feedback active noise control (ANC) system combining a linear prediction filter. The proposed ANC system can reduce narrowband noise while suppressing disturbance having broadband components.
The disturbance makes the conventional feedback ANC system unstable or divergent because the disturbance corrupts the input signal to the system.
In the proposed ANC system, a linear prediction filter is combined with the feedback ANC system in order to suppress the disturbance. Simulation results demonstrate that the proposed feedback ANC system is superior to the conventional feedback ANC system on the stability while maintaining the same noise reduction ability.
キーワード (和) アクティブノイズコントロール / 線形予測フィルタ / IMC / フィードバック制御 / / / /  
(英) active noise control / linear prediction filter / internal model control / feedback control / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 88, SIP2010-34, pp. 69-74, 2010年6月.
資料番号 SIP2010-34 
発行日 2010-06-14 (CAS, VLD, SIP, CST) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2010-13 VLD2010-23 SIP2010-34 CST2010-13

研究会情報
研究会 CAS MSS VLD SIP  
開催期間 2010-06-21 - 2010-06-22 
開催地(和) 北見工大 
開催地(英) Kitami Institute of Technology 
テーマ(和) システムと信号処理および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2010-06-CAS-CST-VLD-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 線形予測フィルタを用いたIMC型フィードバックANCシステムの安定性向上 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Stability Improvement of IMC Based Active Noise Control system Employing Linear Prediction Filter 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アクティブノイズコントロール / active noise control  
キーワード(2)(和/英) 線形予測フィルタ / linear prediction filter  
キーワード(3)(和/英) IMC / internal model control  
キーワード(4)(和/英) フィードバック制御 / feedback control  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 梶川 嘉延 / Yoshinobu Kajikawa / カジカワ ヨシノブ
第1著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 平山 諒太郎 / Ryotaro Hirayama / ヒラヤマ リョウタロウ
第2著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-06-21 15:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-CAS2010-13,IEICE-VLD2010-23,IEICE-SIP2010-34,IEICE-CST2010-13 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.86(CAS), no.87(VLD), no.88(SIP), no.89(CST) 
ページ範囲 pp.69-74 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2010-06-14,IEICE-VLD-2010-06-14,IEICE-SIP-2010-06-14,IEICE-CST-2010-06-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会