お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-06-19 15:35
理想的に動作しないPWM-1で制御された合成力学系の定性的性質
田崎顕一麻原寛之高坂拓司大分大NLP2010-24 NC2010-24
抄録 (和) スイッチを有する系の大部分は理想的にスイッチング動作が行われることを前提に研究が行われてきた.
一方近年, 理想的ではないスイッチング動作が系に大きな影響を与えていることが
実験的に確認された.
従って, 理想的ではないスイッチング動作が系の定性的性質に及ぼす影響を解明することは工学的応用の観点からも重要であると考えられる.
本稿では,スイッチング遅れを有するPWM-1で制御された合成力学系の定性的性質について検討する.
まず, 本研究に用いる合成力学系を示し,その基本的な振る舞いを説明する.
次に, 本系の詳細な解析を行うためにPoincar\'{e}写像を導出する.
最後に, 2次元分岐図およびPoincar\'{e}写像を用い
スイッチング遅れの影響と分岐現象について議論し,本系の定性的性質を明らかにする. 
(英) Most of the previous analysis of the switched dynamical system has been conducted under the assumption that the switch behaves ideally.
However, the various unexpected effects occur with switching action and greatly influence into the circuit dynamics.
Thus, it is important to clear the fundamental property of missed switching action.
In this paper, we examine the qualitative property of PWM-1 controlled hybrid dynamical system with switching delay.
First, we show the composite dynamical system and explain its behavior.
Then, we derive the Poincar\'{e} map to analyze the properties in detail.
Finally, we discuss the effect of switching delay and
the bifurcation phenomena in the system.
キーワード (和) PWM-1 / 合成力学系 / スイッチング遅れ / Poincar\'{e}写像 / / / /  
(英) PWM-1 / Composite dynamical system / Switching delay / Poincar\'{e} map / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 82, NLP2010-24, pp. 211-214, 2010年6月.
資料番号 NLP2010-24 
発行日 2010-06-11 (NLP, NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2010-24 NC2010-24

研究会情報
研究会 NC NLP IPSJ-BIO  
開催期間 2010-06-18 - 2010-06-19 
開催地(和) 琉球大学50周年記念館 
開催地(英) Ryukyu-daigaku-gozyu-syunen-kinenn-kaikan 
テーマ(和) 機械学習によるバイオデータマインニング, 生命現象の非線形性, 一般 
テーマ(英) Machine Learning for bio-datamining 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2010-06-NC-NLP-BIO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 理想的に動作しないPWM-1で制御された合成力学系の定性的性質 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Qualitative Property of Nonideal PWM-1 Controlled Composite Dynamical System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) PWM-1 / PWM-1  
キーワード(2)(和/英) 合成力学系 / Composite dynamical system  
キーワード(3)(和/英) スイッチング遅れ / Switching delay  
キーワード(4)(和/英) Poincar\'{e}写像 / Poincar\'{e} map  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田崎 顕一 / Kenichi Tasaki / タサキ ケンイチ
第1著者 所属(和/英) 大分大学 (略称: 大分大)
Oita University (略称: Oita Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 麻原 寛之 / Hiroyuki Asahara / アサハラ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) 大分大学 (略称: 大分大)
Oita University (略称: Oita Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高坂 拓司 / Takuji Kousaka / コウサカ タクジ
第3著者 所属(和/英) 大分大学 (略称: 大分大)
Oita University (略称: Oita Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-06-19 15:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2010-24,IEICE-NC2010-24 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.82(NLP), no.83(NC) 
ページ範囲 pp.211-214 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NLP-2010-06-11,IEICE-NC-2010-06-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会