お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-06-18 14:40
非線形振動子場における局在振動の研究
宮田龍太倉田耕治琉球大NLP2010-5 NC2010-5
抄録 (和) 不安定な平衡解を囲む安定な周期解をもつ非線形振動子の中で最も簡単なものとして知られるRIC(Radial Isochron Clock)またはSL(Stuart-Landau)振動子を用いて,非線形振動子場のモデルを作成した.
シミュレーションにより,二つのメキシカンハット型結合をもつ振動子場が,外部入力の複数の極大付近に局在振動を安定に保持し,各局在振動内では同位相に,そして各局在振動間では逆位相に引き込むことがわかった.
このモデルは,結び付け問題を発生させることなく情報分離を行う振動子型自己組織モデルの基礎を与える. 
(英) We propose a model of the non-linear oscillatory field, using Radial Isochron Clocks (RICs) or Stuart-Landau (SL) oscillators, which is the simplest dynamical system that has one stable limit cycle around one unstable equilibrium.
Our computer simulation showed that the non-linear oscillatory field with two kinds of Mexican-hat-type connection could keep two or more than two localized oscillatory excitation areas stably around maximal points of an external inputs, and could also realize in-phase phase-locking within a localized oscillatory excitation area, but anti-phase phase-locking between different localized oscillatory excitation areas.
This non-linear oscillatory field provides a base for an oscillatory self-organizing neural model which separates and extracts several kinds of information without binding problem.
キーワード (和) 局在振動 / 位相同期 / 結び付け問題 / 情報分離 / RIC / SL振動子 / 振動子型自己組織モデル / 選択的Hebb学習  
(英) localized oscillatory excitation / phase-locking / binding problem / separated extraction / radial isochron clock / Stuart-Landau oscillator / oscillatory self-organizing neural model / selective Hebbian learning  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 83, NC2010-5, pp. 25-30, 2010年6月.
資料番号 NC2010-5 
発行日 2010-06-11 (NLP, NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2010-5 NC2010-5

研究会情報
研究会 NC NLP IPSJ-BIO  
開催期間 2010-06-18 - 2010-06-19 
開催地(和) 琉球大学50周年記念館 
開催地(英) Ryukyu-daigaku-gozyu-syunen-kinenn-kaikan 
テーマ(和) 機械学習によるバイオデータマインニング, 生命現象の非線形性, 一般 
テーマ(英) Machine Learning for bio-datamining 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2010-06-NC-NLP-BIO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 非線形振動子場における局在振動の研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Localized Oscillatory Excitation on Non-linear Oscillatory Fields by Radial Isochron Clock 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 局在振動 / localized oscillatory excitation  
キーワード(2)(和/英) 位相同期 / phase-locking  
キーワード(3)(和/英) 結び付け問題 / binding problem  
キーワード(4)(和/英) 情報分離 / separated extraction  
キーワード(5)(和/英) RIC / radial isochron clock  
キーワード(6)(和/英) SL振動子 / Stuart-Landau oscillator  
キーワード(7)(和/英) 振動子型自己組織モデル / oscillatory self-organizing neural model  
キーワード(8)(和/英) 選択的Hebb学習 / selective Hebbian learning  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮田 龍太 / Ryota Miyata / ミヤタ リョウタ
第1著者 所属(和/英) 琉球大学 (略称: 琉球大)
University of the Ryukyus (略称: Univ. of Ryukyus)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 倉田 耕治 / Koji Kurata / クラタ コウジ
第2著者 所属(和/英) 琉球大学 (略称: 琉球大)
University of the Ryukyus (略称: Univ. of Ryukyus)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-06-18 14:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NLP2010-5,IEICE-NC2010-5 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.82(NLP), no.83(NC) 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2010-06-11,IEICE-NC-2010-06-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会