電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-06-18 13:00
[チュートリアル招待講演]パターン認識と機械学習
栗田多喜夫広島大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 最近のコンピュータやインターネット等の情報技術の急速な発展で、膨大な電子データがいたるところで蓄積され、多くの人がそれらのデータにアクセスできるようになってきた。それらのデータの中には、我々が適切な行動を選択したり、適切な計画を立てたりするために重要な情報が含まれているかもしれない。しかし、多くの場合には生のデータのままでは有効に利用できない。データマイニングは、そのような明示的でなく、潜在的な、未知の有用な情報をデータから抽出する手法の総称であり、近年非常に注目されている。パターン認識と機械学習は、そのようなデータマイニングのための基本的な手法を提供する。また、画像認識等の多くの応用でも基本的な道具として利用されている。本論文では、パターン認識と機械学習の基本的な考え方について簡単に紹介する。 
(英) Recent rapid progress of computer and internet, a huge amount of information is accumulated. It is potentially important for our decision or planning, but has not yet been discovered or articulated. Data mining is the extraction of implicit, previously unknown, and potentially useful information from data. Pattern Recognition and Machine Learning provides the technical basis of data mining and is recognized as one of the important tools for many real applications. This article gives a beleaf introduction of Pattern Recognition and Machine Learning.
キーワード (和) データマイニング / パターン認識 / 機械学習 / 汎化性 / サポートベクターマシン / ロジスティック回帰 / 交差確認法 / 粒子群最適化  
(英) data mining / pattern recognition / machine learning / generalization / support vector machine / logistic regression / cross-validation / particle swarm optimization  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 81, SP2010-32, pp. 61-66, 2010年6月.
資料番号 SP2010-32 
発行日 2010-06-10 (SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SP  
開催期間 2010-06-17 - 2010-06-18 
開催地(和) 九州大学筑紫キャンパス 共通管理棟3階 大会議室 
開催地(英) Kyushu University 
テーマ(和) 音声・言語・音響教育,一般 
テーマ(英) Speech/Language/Acoustic Education, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2010-06-SP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) パターン認識と機械学習 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Pattern Recognition and Machine Learning 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) データマイニング / data mining  
キーワード(2)(和/英) パターン認識 / pattern recognition  
キーワード(3)(和/英) 機械学習 / machine learning  
キーワード(4)(和/英) 汎化性 / generalization  
キーワード(5)(和/英) サポートベクターマシン / support vector machine  
キーワード(6)(和/英) ロジスティック回帰 / logistic regression  
キーワード(7)(和/英) 交差確認法 / cross-validation  
キーワード(8)(和/英) 粒子群最適化 / particle swarm optimization  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗田 多喜夫 / Takio Kurita / クリタ タキオ
第1著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-06-18 13:00:00 
発表時間 60 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-SP2010-32 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.81 
ページ範囲 pp.61-66 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SP-2010-06-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会