お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-06-18 16:00
SOM Canonicaへの試み ~ 多様なモデル集合を扱う学習基盤を目指して ~
大久保貴之古川徹生九工大NLP2010-7 NC2010-7
抄録 (和) 本研究の目的は自己組織化写像の標準形“SOM Canonica” の確立である.SOM Canonica は自己組織化写像の理論的標準形もしくは理想形であり,本研究の枠組みにおいて,Kohonen の自己組織化写像(SOM) はSOM Canonicaから導出された近似計算法の一種であるというスタンスを取る.SOM Canonica は,高階SOM (SOM of SOMs) やモジュラーネットSOM (mnSOM),多重化マップなどの理論的一般化や拡張にも対応できるものでなければならない.SOM Canonica を確立する意義は,こうしたSOM の一般化に対して確固たる理論的基盤を与え,豊富なバリエーションを生成する多産な母体を作ることにある.本報告ではSOM Canonica 確立に向けた今までの試みを報告する. 
(英) The purpose of this research is to establish “SOM Canonica”. SOM Canonica is a canonical form of self-organizing map (SOM), or an ideal algorithm of SOM families based on machine learning theory. From this viewpoint, Kohonen’s standard SOM can be regarded as an approximation of SOM Canonica. The motivation of this study is to establish a prolific matrix of multi-manifold learning algorithm producing fruitful variations, such as higher-rank of SOMs, modular network SOM and so on. In this paper we report our attempts to establish SOM Canonica.
キーワード (和) 自己組織化写像 / 自己組織化マップ / SOM / 多様体学習 / GTM / / /  
(英) self-organizing map / SOM / manifold learning / GTM / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 83, NC2010-7, pp. 45-50, 2010年6月.
資料番号 NC2010-7 
発行日 2010-06-11 (NLP, NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2010-7 NC2010-7

研究会情報
研究会 NC NLP IPSJ-BIO  
開催期間 2010-06-18 - 2010-06-19 
開催地(和) 琉球大学50周年記念館 
開催地(英) Ryukyu-daigaku-gozyu-syunen-kinenn-kaikan 
テーマ(和) 機械学習によるバイオデータマインニング, 生命現象の非線形性, 一般 
テーマ(英) Machine Learning for bio-datamining 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2010-06-NC-NLP-BIO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) SOM Canonicaへの試み 
サブタイトル(和) 多様なモデル集合を扱う学習基盤を目指して 
タイトル(英) An approach to SOM Canonica. 
サブタイトル(英) To Establish Multi-Manifold Learning Theory. 
キーワード(1)(和/英) 自己組織化写像 / self-organizing map  
キーワード(2)(和/英) 自己組織化マップ / SOM  
キーワード(3)(和/英) SOM / manifold learning  
キーワード(4)(和/英) 多様体学習 / GTM  
キーワード(5)(和/英) GTM /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大久保 貴之 / Takashi Ohkubo / オオクボ タカシ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 古川 徹生 / Tetsuo Furukawa / フルカワ テツオ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-06-18 16:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NLP2010-7,IEICE-NC2010-7 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.82(NLP), no.83(NC) 
ページ範囲 pp.45-50 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2010-06-11,IEICE-NC-2010-06-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会