お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-06-18 11:25
チャネル状態情報が一部欠損したときの部分的非直交ブロック対角化に基づく基地局間連携マルチユーザMIMO伝送法
田近裕貴木村亮介樋口健一東京理科大RCS2010-38
抄録 (和) 本稿では,下りリンク基地局(BS: base station)間連携マルチユーザMIMO (multi-input multi-output)において,一部の受信端末(MS: mobile station)のMIMOチャネル状態情報(CSI: channel state information)が不明な場合の伝送法を検討する.CSIに基づくプリコーディング法として,空間多重するMS間の干渉をヌリングするブロック対角化法をベースとする部分的非直交型ブロック対角化法を提案する.提案法はCSIの一部が不明なMS間の干渉を許容し,その他のMS間の干渉はブロック対角化を用いてヌリングすることでMIMOチャネルの自由度を増大させる.シミュレーション結果から,提案法はMIMOチャネルの自由度をより活用できるため,完全直交性を確保する場合に比較してシステム性能を改善できることを示す. 
(英) We consider a precoding method in downlink multiuser multiple-input multiple-output (MIMO) transmission with the multiple base station (BS) cooperation, where some of the instantaneous channel state information (CSI) is not available at the BS. The proposed precoding scheme is based on the block diagonalization of the channel matrix. However, since some elements of the channel matrix are unknown, we allow a partially non-orthogonal transmission. More specifically, we allow the inter-user interference to the users with limited instantaneous CSI feedback from the channel where instantaneous CSI of that user is not obtained at the BS. The other inter-user interferences are set to zero based on the block diagonalization of the channel matrix. The proposed method can efficiently use the degree of the freedom of the spatial channel compared to the case with full orthogonal transmission at the cost of increased inter-user interference to the users with limited instantaneous CSI feedback. Simulation results elucidate that the proposed method can increase the capacity for a given transmission power or decrease the transmission power for a given capacity requirement compared to the case with full orthogonal transmission.
キーワード (和) MIMO / マルチユーザMIMO / プリコーディング / ブロック対角化 / 基地局間連携 / / /  
(英) MIMO / Multiuser MIMO / Precoding / Block Diagonalization / Base Station Cooperation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 77, RCS2010-38, pp. 121-126, 2010年6月.
資料番号 RCS2010-38 
発行日 2010-06-10 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2010-38

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2010-06-17 - 2010-06-18 
開催地(和) 京都大学 
開催地(英) Kyoto Univ. 
テーマ(和) 初めて研究会,鉄道,車車間・路車間通信,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Railroad Communications, Inter-Vehicle Communications, Road to Vehicle Communications, Resource Control, Scheduling, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2010-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) チャネル状態情報が一部欠損したときの部分的非直交ブロック対角化に基づく基地局間連携マルチユーザMIMO伝送法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Partially Non-Orthogonal Block Diagonalization-based Precoding in Multiuser MIMO with Limited Channel State Information Feedbacks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(2)(和/英) マルチユーザMIMO / Multiuser MIMO  
キーワード(3)(和/英) プリコーディング / Precoding  
キーワード(4)(和/英) ブロック対角化 / Block Diagonalization  
キーワード(5)(和/英) 基地局間連携 / Base Station Cooperation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田近 裕貴 / Yuki Tajika / タヂカ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 亮介 / Ryosuke Kimura / キムラ リョウスケ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 樋口 健一 / Kenichi Higuchi / ヒグチ ケンイチ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-06-18 11:25:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2010-38 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.77 
ページ範囲 pp.121-126 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2010-06-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会