お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-06-18 13:25
運動分散の前向き制御による抑制モデル
藤田昌彦法政大NLP2010-2 NC2010-2
抄録 (和) 目標に向かう手先の到達運動や眼球運動saccadeの終端点は分散を示す.小脳皮質を除去したり,小脳核を抑制したりすると,saccade終端の分散が激増する.ノイズの影響を減少させるように小脳皮質が小脳核の活動を調節している.本論文ではこのような調節が運動経過のフィードバックなしにフィードフォワードに小脳皮質が制御できるモデルを示す. 
(英) Saccades to a single target show variations in amplitude and direction. Monkeys showed recovery of saccade accuracy in amplitude some months after the lesion of the oculomotor vermis. However, the variation in amplitude remained as large as in the early postlesion period. The reduction of the variation must be due to the cerebeller cortex function. Here I propose a cerebellar model that feed-forwardly reduces the variation in the end point of saccades. The proposed Golgi-granule cell system extends the capability of the feed-forward place-code associative learning of the cerebellum (Fujita, 2005).
キーワード (和) 小脳 / 運動学習 / 運動分散 / saccade / / / /  
(英) cerebellum / motor learning / motor variability / saccade / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 83, NC2010-2, pp. 7-12, 2010年6月.
資料番号 NC2010-2 
発行日 2010-06-11 (NLP, NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2010-2 NC2010-2

研究会情報
研究会 NC NLP IPSJ-BIO  
開催期間 2010-06-18 - 2010-06-19 
開催地(和) 琉球大学50周年記念館 
開催地(英) Ryukyu-daigaku-gozyu-syunen-kinenn-kaikan 
テーマ(和) 機械学習によるバイオデータマインニング, 生命現象の非線形性, 一般 
テーマ(英) Machine Learning for bio-datamining 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2010-06-NC-NLP-BIO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 運動分散の前向き制御による抑制モデル 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Feed-forward Reduction of Motor Variability: A Model Study 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 小脳 / cerebellum  
キーワード(2)(和/英) 運動学習 / motor learning  
キーワード(3)(和/英) 運動分散 / motor variability  
キーワード(4)(和/英) saccade / saccade  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤田 昌彦 / Masahiko Fujita / フジタ マサヒコ
第1著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-06-18 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NLP2010-2,IEICE-NC2010-2 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.82(NLP), no.83(NC) 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2010-06-11,IEICE-NC-2010-06-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会