お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-06-18 09:30
バイラテラルフィルタによる実雑音下音声認識のための音声特徴量抽出
山田馨士朗有木康雄滝口哲也神戸大SP2010-29
抄録 (和) 本稿では,音声のスペクトログラムに対してバイラテラルフィルタを適用することにより,発話のフォルマント遷移情報を保存つつ音声特徴量抽出を行う手法を提案する.実雑音環境下での単語認識実験により,メルフィルタバンク出力だけでなく,MFCC の出力等,どの段階でバイラテラルフィルタを適用すればより効果的な改善をはかることが可能か,また,パワースペクトルやΔとの組み合わせの有効性に関して検証している. 
(英) In this paper, we propose a method to reduce the noise component superimposed on speech with keeping the formants and their transition geometrically by applying the bilateral lter on mel-fre-
quency spectrogram. From the word recognition experiments under the real noisy environment, we clarify
that the signi cant improvement is achieved when the bilateral lter is applied on the mel-frequency spec-
trogram only once and resultant MFCC, energy and their Δ are utilized as the acoustic parameters.
キーワード (和) バイラテラルフィルタ / 特徴量抽出 / 雑音下音声認識 / / / / /  
(英) bilateral filter / feature extraction / noisy speech recognition / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 81, SP2010-29, pp. 43-48, 2010年6月.
資料番号 SP2010-29 
発行日 2010-06-10 (SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SP2010-29

研究会情報
研究会 SP  
開催期間 2010-06-17 - 2010-06-18 
開催地(和) 九州大学筑紫キャンパス 共通管理棟3階 大会議室 
開催地(英) Kyushu University 
テーマ(和) 音声・言語・音響教育,一般 
テーマ(英) Speech/Language/Acoustic Education, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2010-06-SP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) バイラテラルフィルタによる実雑音下音声認識のための音声特徴量抽出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Feature Extraction with Bilateral Filter for Real Environment Speech Recognition 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) バイラテラルフィルタ / bilateral filter  
キーワード(2)(和/英) 特徴量抽出 / feature extraction  
キーワード(3)(和/英) 雑音下音声認識 / noisy speech recognition  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 馨士朗 / Keishiro Yamada / ヤマダ ケイシロウ
第1著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 有木 康雄 / Yasuo Ariki / アリキ ヤスオ
第2著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 滝口 哲也 / Tetsuya Takiguchi / タキグチ テツヤ
第3著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-06-18 09:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-SP2010-29 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.81 
ページ範囲 pp.43-48 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SP-2010-06-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会