電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-06-17 14:35
VHF帯ブロードバンド移動通信用チャネルモデルの検討
大堂雅之相馬憲幸船田龍平原田博司NICT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 2011年7月24日,地上波アナログテレビ放送サービスが終了し,デジタル化が完了する.昨年6月,デジタル化により新たに利用可能となる周波数帯の利用に関する一部答申が出され,VHFハイバンドの一部(170-205 MHz)が公共安全のための共同利用型ブロードバンド自営通信システムとして利用されることになった.情報通信研究機構では,本システムの実現に向けて,必要な技術的条件や運用条件等について検討している.これまでVHF帯におけるブロードバンド移動無線システムは例がないため,VHF帯におけるブロードバンド電波伝搬特性取得のためのフィールド実験を実施した.中心周波数190 MHz,最大占有帯域幅10 MHzの信号を使用し,受信信号電力,電力遅延プロファイル特性,広帯域フェージング特性を測定したので,その実験結果およびVHF帯ブロードバンド移動通信システム用の伝搬モデルの検討結果を述べる. 
(英) In Japan, current terrestrial analogue TV broadcasting service will be completely digitized on July 24th, 2011. Frequency allocation plan after the transition had been vigorously discussed and the relevant policy report was published last year. The report said that the 35 MHz band between 170 MHz and 205 MHz should be used for public safety by owned-operated communication system shared by multiple public organizations such as fire departments, police agencies, local public authorities etc. Our institute has been considering the technical and operational conditions to realize this new system. Since there has been little broadband wireless system in the VHF band, we have conducted basic radio propagation experiments. Using the signals with the occupied bandwidth up to 10 MHz and centre frequency of 190 MHz, received signal power, delay profile, fading performance were measured. This paper describes the experimental results.
キーワード (和) 移動通信 / VHF帯 / ブロードバンド / 電波伝搬 / / / /  
(英) Mobile Communication / VHF band / Broadband / Radio Propagation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 77, RCS2010-28, pp. 61-66, 2010年6月.
資料番号 RCS2010-28 
発行日 2010-06-10 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2010-06-17 - 2010-06-18 
開催地(和) 京都大学 
開催地(英) Kyoto Univ. 
テーマ(和) 初めて研究会,鉄道,車車間・路車間通信,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Railroad Communications, Inter-Vehicle Communications, Road to Vehicle Communications, Resource Control, Scheduling, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2010-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) VHF帯ブロードバンド移動通信用チャネルモデルの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Channel Model for Broadband Wireless Communication in the VHF-band 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 移動通信 / Mobile Communication  
キーワード(2)(和/英) VHF帯 / VHF band  
キーワード(3)(和/英) ブロードバンド / Broadband  
キーワード(4)(和/英) 電波伝搬 / Radio Propagation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大堂 雅之 / Masayuki Oodo / オオドウ マサユキ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 相馬 憲幸 / Noriyuki Soma / ソウマ ノリユキ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 船田 龍平 / Ryuhei Funada / フナダ リュウヘイ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 博司 / Hiroshi Harada / ハラダ ヒロシ
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-06-17 14:35:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2010-28 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.77 
ページ範囲 pp.61-66 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2010-06-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会