電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-06-11 10:10
OFDM方式を用いた非再生中継システムにおける電力割当手法の検討
齋藤将人琉球大)・原口修平岡田 実奈良先端大WBS2010-9
抄録 (和) 本研究では,中継局においてFFT(Fast Fourier Transform)/IFFT(Inverse FFT)を必要としない純粋な非再生OFDM(Orthogonal Frequency Division Multiplexing)中継システムを対象として,その伝送レート向上を目的とした電力割当手法について検討する.
提案手法では,中継局において複数の隣接サブキャリアを帯域分割フィルタを用いて束(チャンク)に分割し,チャンク内では一様電力割当を行うことにより,FFTが不要な低遅延の中継を行う.
システムの伝送レートを最大化するために,提案手法における割当電力の
最適化問題を設定し,解の導出を行う.
計算機シミュレーションにより,複数のフェージングチャネルモデルにおいて達成可能な
伝送レートを評価した.
その結果,送信局と中継局の両方でチャンク単位の電力割当を行う場合に,チャネル環境に適したチャンクサイズを設定することにより,送信局でサブキャリア単位の電力制御を
行うより複雑な手法よりも少ない副情報で,同等かそれ以上の伝送レートを達成できることを明らかにした. 
(英) Non-regenerative OFDM (Orthogonal Frequency Division Multiplexing) relay
systems can expand the range of wireless communication with mitigating
the effect of multipath fading and maintaining high data rate.
Aiming at maximizing the achievable rate, a number of PA (Power Allocation)
methods for dual-hop non-regenerative OFDM relay systems have been studied
so far.
However, such PA methods essentially need FFT (Fast Fourier Transform)
and IFFT (Inverse FFT) processes which cannot avoid buffering and signal-processing delays at the relay node.
Therefore, advantages of non-regenerative relays over regenerative relays may be lost such as low delay and applicability to single frequency network.
In this paper, three types of PA methods for dual-hop non-regenerative OFDM relay schemes without FFT/IFFT processes at a relay node are proposed.
The proposed methods include two types of chunk-based PA and a uniform PA
at a relay node.
To maximize the achievable rate, PA method is derived from each optimization problem to allocate power to both source and relay nodes.
Numerical results of the achievable rates in several fading models
indicate that their achievable rates are close to
the upper limit of PA using FFT/IFFT processes by adequately setting the chunk size when both source and relay nodes employ chunk-based PA.
キーワード (和) OFDM / 非再生中継 / 電力割当 / チャンク / 伝送レート / / /  
(英) OFDM / non-regenerative relay / power allocation / chunk / achievable rate / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 72, WBS2010-9, pp. 47-52, 2010年6月.
資料番号 WBS2010-9 
発行日 2010-06-03 (WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WBS2010-9

研究会情報
研究会 WBS SAT  
開催期間 2010-06-10 - 2010-06-11 
開催地(和) 沖縄県青年会館 
開催地(英) Okinawa-ken-Seinen-Kaikan 
テーマ(和) 符号化,変復調・信号処理技術及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2010-06-WBS-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) OFDM方式を用いた非再生中継システムにおける電力割当手法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Power Allocation for Non-regenerative OFDM Relay Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(2)(和/英) 非再生中継 / non-regenerative relay  
キーワード(3)(和/英) 電力割当 / power allocation  
キーワード(4)(和/英) チャンク / chunk  
キーワード(5)(和/英) 伝送レート / achievable rate  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 齋藤 将人 / Masato Saito / サイトウ マサト
第1著者 所属(和/英) 琉球大学 (略称: 琉球大)
University of the Ryukyus (略称: Univ. of the Ryukyus)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 原口 修平 / Shuhei Haraguchi / ハラグチ シュウヘイ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 実 / Minoru Okada / オカダ ミノル
第3著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-06-11 10:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WBS 
資料番号 IEICE-WBS2010-9 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.72 
ページ範囲 pp.47-52 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WBS-2010-06-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会