電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-06-11 09:45
地上デジタルテレビジョン放送受信機のための時間領域に変換したスキャッタードパイロットを用いた時間領域帰還型等化器
中川裕太朗眞田幸俊慶大WBS2010-8
抄録 (和) 本報告では,パイロット信号としてスキャッタードパイロットを用いたOFDMにおける,サブキャリア間干渉を除去する為の判定帰還型等化器を提案する.
日本の地上デジタルテレビジョン放送規格であるISDB-Tでは,変調方式としてOFDM,パイロット信号にスキャッタードパイロットを用いている.
受信機が高速移動している環境においてはDopplerシフトにより,サブキャリア間干渉が発生する.
とくに激しいサブキャリア間干渉が発生した場合には,従来のスキャッタードパイロットを用いた周波数領域での等化器では除去できない.
提案方式では,判定帰還型等化器のフィードバックタップへの参照信号として,時間領域に変換したスキャッタードパイロットシンボルを用いる.
本研究では計算機シミュレーションにより,CNR が低い場合,
もしくはチャネルにおける最大Doppler周波数が高い場合に,従来方式と比較してビット誤り率特性が改善することを示した. 
(英) In this report, a new feedback equalization scheme to suppress inter-carrier interference (ICI) in an OFDM system using scattered pilot is investigated. On a fast fading
channel severe ICI occurs due to a Doppler shift and it deteriorates a bit error rate (BER) seriously because of small subcarrier spacing.
In an ISDB-T receiver the equalization is mainly processed in a frequency domain because the scattered pilot is transmitted over the subcarriers.
However, the frequency domain equalization may not suppress severe ICI in the case of the fast fading channel with a large Doppler shift.
The proposed equalization scheme uses the scattered pilot symbols transformed in a time domain as the reference signal for feedback taps.
Numerical results through computer simulation show that the proposed scheme improves the BER performance especially with low carrier-to-noise ratio (CNR) conditions.
キーワード (和) OFDM / ISDB-T / スキャッタードパイロット / サブキャリア間干渉 / Dopplerシフト / 帰還型等化器 / /  
(英) OFDM / ISDB-T / Scattered Pilot / ICI / Doppler Shift / Feedback Equalizer / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 72, WBS2010-8, pp. 41-45, 2010年6月.
資料番号 WBS2010-8 
発行日 2010-06-03 (WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WBS2010-8

研究会情報
研究会 WBS SAT  
開催期間 2010-06-10 - 2010-06-11 
開催地(和) 沖縄県青年会館 
開催地(英) Okinawa-ken-Seinen-Kaikan 
テーマ(和) 符号化,変復調・信号処理技術及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2010-06-WBS-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 地上デジタルテレビジョン放送受信機のための時間領域に変換したスキャッタードパイロットを用いた時間領域帰還型等化器 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Time Domain Feedback Equalizer for Fast Fading Channel in OFDM with Scattered Pilot 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(2)(和/英) ISDB-T / ISDB-T  
キーワード(3)(和/英) スキャッタードパイロット / Scattered Pilot  
キーワード(4)(和/英) サブキャリア間干渉 / ICI  
キーワード(5)(和/英) Dopplerシフト / Doppler Shift  
キーワード(6)(和/英) 帰還型等化器 / Feedback Equalizer  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 裕太朗 / Yutaro Nakagawa / ナカガワ ユウタロウ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 眞田 幸俊 / Yukitoshi Sanada / サナダ ユキトシ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-06-11 09:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WBS 
資料番号 IEICE-WBS2010-8 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.72 
ページ範囲 pp.41-45 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-WBS-2010-06-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会