お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-06-10 15:30
CoHOGを用いた歩行者検出手法のGPU向け並列実装
菅野裕揮宮本龍介奈良先端大SIS2010-11
抄録 (和) 近年,画像からの物体検出に関する研究が活発に行われており,
その検出精度は非常に高くなっている.
特に,車載や監視カメラなどのアプリケーションを対象とした
歩行者検出においては,CoHOG と呼ばれる特徴量と
サポートベクタマシンを組み合わせた手法が現在最も精度が高い.
この手法は検出精度が高い反面,その計算量は非常に多く,
最新のプロセッサでもその実時間処理は困難である.
そこで本研究では NVIDIA の GPU に着目し,
CoHOG に基づく歩行者検出手法の GPU に適した実装方式を提案する.
本実装は GPU のプロセッサコアの数に依存しない実装であり,
用途や目的に応じた様々な種類の GPU を選択を可能にした.
これにより,様々な環境における高精度な歩行者検出の実時間処理
が容易に行える. 
(英) Pedestrian detection from visual images, which is used by
driver assistance or video surveillance, is
a recent challenging problem.
Co-occurrence histograms of oriented gradients (CoHOG)
is a powerful feature descriptor for pedestrian detection
and achieves the highest detection accuracy.
However, its calculation cost is too large
to calculate the CoHOG feature descriptor
in real-time on state-of-the-art processors.
In this paper, we focus on NVIDIA GPUs and
propose optimized implementation of CoHOG-based
pedestrian detection on them.
Our proposed implementation does not depend on the number
of processors in the GPU and has large scalability.
キーワード (和) 歩行者検出 / 並列実装 / 実時間処理 / グラフィックスプロセッサ / / / /  
(英) CoHOG-based pedestrian detection / NVIDIA GPU / Parallel implementation / Real-time processing / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 74, SIS2010-11, pp. 59-64, 2010年6月.
資料番号 SIS2010-11 
発行日 2010-06-03 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIS2010-11

研究会情報
研究会 SIS  
開催期間 2010-06-10 - 2010-06-11 
開催地(和) 網走市民会館中会議室 
開催地(英) Abashiri Public Auditorium 
テーマ(和) スマートパーソナルシステム,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2010-06-SIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) CoHOGを用いた歩行者検出手法のGPU向け並列実装 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) GPU Implementation of CoHOG-based Pedestrian Detection 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 歩行者検出 / CoHOG-based pedestrian detection  
キーワード(2)(和/英) 並列実装 / NVIDIA GPU  
キーワード(3)(和/英) 実時間処理 / Parallel implementation  
キーワード(4)(和/英) グラフィックスプロセッサ / Real-time processing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅野 裕揮 / Hiroki Sugano / スガノ ヒロキ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮本 龍介 / Ryusuke Miyamoto / ミヤモト リュウスケ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-06-10 15:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2010-11 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.74 
ページ範囲 pp.59-64 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIS-2010-06-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会