電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-06-10 14:25
隣接行列の固有ベクトルを用いた経路選択法の一検討
加藤友樹弥小野文枝横浜国大WBS2010-1
抄録 (和) 本稿では、分散制御型ネットワークの信頼性を向上させるために、次数(リンク接続数)の大きい経路を選択する方法を検討している。
特に、ネットワークの隣接行列の固有ベクトルを用いる方法とノードの次数を用いる方法を比較している。
隣接行列の固有ベクトルはネットワークの特徴を表し、その成分は各ノードのネットワークに対する中心性を表すことから、
次数を用いる方法と同様な特性となることが期待される。
本槁では、選択された経路の平均接続数と経路構築確率を計算機シミュレーションにより評価し、
固有ベクトルにより得られた経路の特性を明らかにしている。
その結果、固有ベクトルを用いる方法と次数を用いる方法の特性が同一となることが示されている。 
(英) In this paper, a route selection scheme is investigated for the robust wireless distributed network.
An eigenvector of adjacency matrix is used for the route selection cost.
The eigenvector of adjacency matrix means the proper value of the network.
In this paper, the average number of degrees and the probability of path construction for the eigenvector based scheme and the degree based scheme are compared by the computer simulation.
As a result, It is shown that these schemes have the same performance.
キーワード (和) 経路選択 / 分散制御型ネットワーク / ネットワークトポロジー / / / / /  
(英) Route Discovery / Self-Organized Network / Network Topology / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 72, WBS2010-1, pp. 1-4, 2010年6月.
資料番号 WBS2010-1 
発行日 2010-06-03 (WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WBS2010-1

研究会情報
研究会 WBS SAT  
開催期間 2010-06-10 - 2010-06-11 
開催地(和) 沖縄県青年会館 
開催地(英) Okinawa-ken-Seinen-Kaikan 
テーマ(和) 符号化,変復調・信号処理技術及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2010-06-WBS-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 隣接行列の固有ベクトルを用いた経路選択法の一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on route selection method using eigenvector of adjacent matrix 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 経路選択 / Route Discovery  
キーワード(2)(和/英) 分散制御型ネットワーク / Self-Organized Network  
キーワード(3)(和/英) ネットワークトポロジー / Network Topology  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 友樹弥 / Yukiya Kato / カトウ ユキヤ
第1著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama National Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野 文枝 / Fumie Ono / オノ フミエ
第2著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama National Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-06-10 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WBS 
資料番号 IEICE-WBS2010-1 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.72 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-WBS-2010-06-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会