電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-06-10 16:00
音高推定結果を考慮した単一楽器音に対する音楽電子透かし法
村田晴美荻原昭夫岩田 基汐崎 陽阪府大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,音楽電子透かし法のうち,人間の聴覚特性を考慮した埋め込み法に基づき,透かし埋め込みに起因する音質の劣化が知覚されないように透かしを埋め込むことを目的とする.そのため,楽音を自動で楽譜に書き起こす自動採譜技術に必要な音高推定を用い,推定された音程に対して知覚されない,あるいは不快と感じないように透かしを埋め込むことを考える.不快と感じにくい音として協和音があり,一般にユニゾン,オクターブ,完全五度,完全四度が協和音となる.本稿では,原音声と透かし信号との関係が,協和音のうち完全五度あるいは完全四度となるように埋め込む.また,埋め込み位置を決定するための音高推定としてスペクトログラムによる推定を行なった.スペクトログラム分析で推定されたピッチから協和音の関係になるように透かしを埋め込むことにより透かし入り音楽の音質劣化を少なくすることを目指す. 
(英) In this paper, we aim to embed watermark information without perception of deterioration of sound quality based on watermarking method in consideration of human auditory property. Therefore, we use pitch estimation which is used in automatic music transcription. Automatic music transcription is a technique to convert music played with musical instruments to the score automatically. We embed watermark information in consonances of original audio signal. Generally, consonances are unison, octave, perfect fifth and perfect fourth. In this paper, we embed watermark information in perfect fifth or perfect fourth. Moreover, we use spectrogram analysis for pitch estimation. We aim to reduce deterioration of sound quality of watermarked audio signal by embedding watermark information in consonances of estimated pitch in spectrogram analysis.
キーワード (和) 音楽電子透かし / 自動採譜 / 音高推定 / 協和音 / / / /  
(英) Audio Watermarking / Automatic Music Transcription / Pitch Estimation / Consonance / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 71, EA2010-26, pp. 25-30, 2010年6月.
資料番号 EA2010-26 
発行日 2010-06-03 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2010-06-10 - 2010-06-11 
開催地(和) 北海道医療大学 
開催地(英) Health Sci. Univ. of Hokkaido 
テーマ(和) 応用(電気)音響/音楽音響/聴覚 
テーマ(英) Engineering/Electro Acoustics, Musical Acoustics, Psychological and Physiological Acoustics, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2010-06-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 音高推定結果を考慮した単一楽器音に対する音楽電子透かし法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Audio Watermarking Method for Single Musical Instrument in Consideration of Pitch Estimation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音楽電子透かし / Audio Watermarking  
キーワード(2)(和/英) 自動採譜 / Automatic Music Transcription  
キーワード(3)(和/英) 音高推定 / Pitch Estimation  
キーワード(4)(和/英) 協和音 / Consonance  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 晴美 / Harumi Murata / ムラタ ハルミ
第1著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 荻原 昭夫 / Akio Ogihara / オギハラ アキオ
第2著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩田 基 / Motoi Iwata / イワタ モトイ
第3著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 汐崎 陽 / Akira Shiozaki / シオザキ アキラ
第4著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-06-10 16:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2010-26 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.71 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2010-06-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会