電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-05-27 15:20
最大許容誤差を更新する逐次射影法による直線位相FIRフィルタの一設計法
寺本光佑宮田統馬相川直幸東京理科大)・杉田泰則吉川敏則長岡技科大
抄録 (和) 本報告では,最大許容誤差を解析的に求め更新する逐次射影法による直線位相FIRフィルタの設計法を提案する.従来,逐次射影法で直線位相FIRフィルタを設計する場合,最大許容誤差を任意の値に定めフィルタの設計が行われてきた.また,我々は,逐次射影法は1点の最大誤差となる点でフィルタ係数の更新を行うが,フリッツ・ジョーンの定理を用いることで複数の極値周波数点を用いて係数更新を行い,少ない繰り返し回数で解が収束するように拡張した.しかし,与える最大許容誤差により解が収束しない場合や,等リプルフィルタが得られない可能性がある.そこで,Remezアルゴリズムと同様に解析的に最大許容誤差を求め,フィルタの設計を行う方法を提案する.提案法は複数の極値周波数点を用いた逐次射影法に最大許容誤差の更新を行う設計法を提案する.最後にいくつかの設計例によりRemezアルゴリズム,従来の逐次射影法の結果と比較し,提案法の有効性を示す. 
(英) A applicability of Successive Projections (SP) method is wide. In the previous SP method which is an iterative approximation method, only one extreme frequency point
at which the deviation from the given specification is maximized is used in the update of the filter coefficients.
We extended to SP method which can update the coefficients by the multiple extreme frequency points using Fritz John's theorem. In this method, the solution is obtained less iteration number than the previous SP method.
However,because it is necessary to decide the maximum allowable error experientially, the solution does not converge and the obtained filter does not have equiripple characteristics. In this paper,we present a design method of linear phase FIR filters by SP method updating maximum allowable error.The updating maximum allowable error analytically solves such as remez algorithm. Finally, we confirm the effectiveness of propose method through several examples.
キーワード (和) 最大許容誤差の更新 / 逐次射影法 / 直線位相FIRフィルタ / 等リプル特性 / フリッツ・ジョーンの定理 / / /  
(英) Updating maximum allowable error / Successive projection method / Linear phase FIR filters / Equiripple characteristics / Fritz John's theorem / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 55, SIP2010-21, pp. 121-126, 2010年5月.
資料番号 SIP2010-21 
発行日 2010-05-19 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SP EA SIP  
開催期間 2010-05-26 - 2010-05-27 
開催地(和) 甲南大学平生セミナーハウス 
開催地(英) Konan Univ. (Hirao Seminar House) 
テーマ(和) 音声,応用/電気音響,信号処理,および一般 
テーマ(英) Speech, Engineering/Electro Acoustics, Signal Processing,and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2010-05-SP-EA-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 最大許容誤差を更新する逐次射影法による直線位相FIRフィルタの一設計法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Design Method of Linear Phase FIR Filters by Successive Projections Method Updating Maximum Allowable Error 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 最大許容誤差の更新 / Updating maximum allowable error  
キーワード(2)(和/英) 逐次射影法 / Successive projection method  
キーワード(3)(和/英) 直線位相FIRフィルタ / Linear phase FIR filters  
キーワード(4)(和/英) 等リプル特性 / Equiripple characteristics  
キーワード(5)(和/英) フリッツ・ジョーンの定理 / Fritz John's theorem  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺本 光佑 / Kosuke Teramoto / テラモト コウスケ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮田 統馬 / Toma Miyata / ミヤタ トウマ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 相川 直幸 / Naoyuki Aikawa / アイカワ ナオユキ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉田 泰則 / Yasunori Sugita / スギタ ヤスノリ
第4著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉川 敏則 / Toshinori Yoshikawa / ヨシカワ トシノリ
第5著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-05-27 15:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-EA2010-21,IEICE-SIP2010-21,IEICE-SP2010-21 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.54(EA), no.55(SIP), no.56(SP) 
ページ範囲 pp.121-126 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2010-05-19,IEICE-SIP-2010-05-19,IEICE-SP-2010-05-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会