お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-05-27 15:20
高耐久性プラスチッククラッド光ファイバの開発
高田崇志稲井麻紀服部知之住友電工OFT2010-6
抄録 (和) プラスチッククラッド光ファイバは、石英ガラスコアとプラスチッククラッドから構成される光ファイバである。簡易に接続できることから、中短距離の光伝送媒体として利用されているが、より厳しい環境への適用を考えた場合、光導波路の一部が有機材料で構成されていることから高温や高湿度下における耐久性が課題であった。この為、高温や高湿度環境下での使用は制限されていたが、クラッド樹脂のガラス転移温度に着目し改良を行った結果、優れた耐久性をもつファイバを得ることができた。本報告では開発品の特性及びコードの高温高湿度下における伝送損失増の推定メカニズムについて述べる。 
(英) A plastic clad silica optical fiber(PCS) is composed of pure silica core and organic polymer cladding materials. PCS is suitable transmission media for short range optical communication network because of its connectivity. However, PCS didn’t have enough durability to resist hydrothermal conditions because a part of transmission path was made from organic polymer materials. Then PCS was used in limited environment. In order to realize the excellent stability of PCS against harsh environment, the cladding material with high glass transition temperature has been developed. In this report, we describe the properties of developed material, and estimated mechanism of transmission loss increase under hydrothermal environment.
キーワード (和) プラスチッククラッド光ファイバ / PCS / クラッド樹脂 / 耐久性向上 / 信頼性向上 / / /  
(英) plastic clad optical fiber / cladding material / durability enhancement / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 58, OFT2010-6, pp. 25-30, 2010年5月.
資料番号 OFT2010-6 
発行日 2010-05-20 (OFT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OFT2010-6

研究会情報
研究会 OFT  
開催期間 2010-05-27 - 2010-05-28 
開催地(和) 鞆公民館(福山市) 
開催地(英) tomo-kouminkan 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OFT 
会議コード 2010-05-OFT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高耐久性プラスチッククラッド光ファイバの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Highly-durable plastic clad silica optical fiber 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) プラスチッククラッド光ファイバ / plastic clad optical fiber  
キーワード(2)(和/英) PCS / cladding material  
キーワード(3)(和/英) クラッド樹脂 / durability enhancement  
キーワード(4)(和/英) 耐久性向上 /  
キーワード(5)(和/英) 信頼性向上 /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高田 崇志 / Takashi Takada / タカダ タカシ
第1著者 所属(和/英) 住友電気工業 (略称: 住友電工)
Sumitomo Electric Industries (略称: Sumitomo Electric)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲井 麻紀 / Maki Inai / イナイ マキ
第2著者 所属(和/英) 住友電気工業 (略称: 住友電工)
Sumitomo Electric Industries (略称: Sumitomo Electric)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 服部 知之 / Tomoyuki Hattori / ハットリ トモユキ
第3著者 所属(和/英) 住友電気工業 (略称: 住友電工)
Sumitomo Electric Industries (略称: Sumitomo Electric)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-05-27 15:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OFT 
資料番号 IEICE-OFT2010-6 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.58 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OFT-2010-05-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会