電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-05-27 10:55
MR騒音に対するアクティブノイズコントロールの適用
梶川嘉延貴田雅啓平山諒太郎関西大)・谷 徹来見良誠滋賀医科大
抄録 (和) 本稿では,MRIのような高磁場下において発生する周期性ノイズを低減するアクティブノイズコントロール(ANC: Active Noise Control)システムを提案する.提案ANCシステムは高磁場下での音響デバイスの対策として光マイクロホンと圧電形スピーカを利用する.また,圧電形スピーカの出力音圧レベルの不足を補うために,圧電型スピーカに振動伝達板を装着するとともにユーザの耳元にマイクロホンとスピーカを配置するヘッドマウント型構成を採用する.さらに,MRIが発生する騒音がいくつかの周期性成分から構成され,線形予測が可能なためIMC(Internal Model Control)に基づくフィードバック型ANC構成を適用する.そして,実際のMRI室における高磁場下での実験を通じて,MRIの撮像モードが頻繁に変動してもMR騒音を約20dB程度低減できることを実証する. 
(英) This paper proposes an active noise control (ANC) system reducing periodic noises generated under the high-field area such as a noise generated from magnetic resonance imaging (MRI) device (we call MR noise). The proposed ANC system utilizes optical microphones and piezo-electric loudspeakers because specific acoustic equipment is required to overcome the high-field problem, and is formed by a head-mounted structure to control noise near user's ears and make up for the lack of output level of the piezo-electric loudspeaker. Moreover, the internal model control (IMC) based feedback ANC is employed because the MR noise consists of some periodic components and is predictable. Some experimental results demonstrate that the proposed ANC system (head-mounted structure) can significantly reduce the MR noise by approximately 20 dB even if the imaging mode changes frequently under the high-field in an actual MRI room.
キーワード (和) アクティブノイズコントロール / MRI / 光マイクロホン / 圧電形スピーカ / DSP / / /  
(英) active noise control / magnetic resonance imaging device / optical microphone / piezo-electric loudspeaker / digital signal processor / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 54, EA2010-14, pp. 79-84, 2010年5月.
資料番号 EA2010-14 
発行日 2010-05-19 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SP EA SIP  
開催期間 2010-05-26 - 2010-05-27 
開催地(和) 甲南大学平生セミナーハウス 
開催地(英) Konan Univ. (Hirao Seminar House) 
テーマ(和) 音声,応用/電気音響,信号処理,および一般 
テーマ(英) Speech, Engineering/Electro Acoustics, Signal Processing,and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2010-05-SP-EA-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MR騒音に対するアクティブノイズコントロールの適用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Active Noise Control for MR Noise 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アクティブノイズコントロール / active noise control  
キーワード(2)(和/英) MRI / magnetic resonance imaging device  
キーワード(3)(和/英) 光マイクロホン / optical microphone  
キーワード(4)(和/英) 圧電形スピーカ / piezo-electric loudspeaker  
キーワード(5)(和/英) DSP / digital signal processor  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 梶川 嘉延 / Yoshinobu Kajikawa / カジカワ ヨシノブ
第1著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 貴田 雅啓 / Masahiro Kida / キダ マサヒロ
第2著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 平山 諒太郎 / Ryotaro Hirayama / ヒラヤマ リョウタロウ
第3著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷 徹 / Tohru Tani / タニ トオル
第4著者 所属(和/英) 滋賀医科大学 (略称: 滋賀医科大)
Shiga University of Medical Science (略称: Shiga Univ. of Medical Sci.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 来見 良誠 / Yoshimasa Kurumi / クルミ ヨシマサ
第5著者 所属(和/英) 滋賀医科大学 (略称: 滋賀医科大)
Shiga University of Medical Science (略称: Shiga Univ. of Medical Sci.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-05-27 10:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2010-14,IEICE-SIP2010-14,IEICE-SP2010-14 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.54(EA), no.55(SIP), no.56(SP) 
ページ範囲 pp.79-84 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2010-05-19,IEICE-SIP-2010-05-19,IEICE-SP-2010-05-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会