電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-05-26 13:50
残響指標RSR-Dnに基づく残響環境下音声認識の予測性能評価
福森隆寛森勢将雅西浦敬信立命館大
抄録 (和) 近年,雑音および残響下における音声認識手法に関する研究が盛んに行われている.それに伴い雑音環境下で音声認識性能を頑健に予測可能な指標も多数提案されている.一方,残響環境下における音声認識性能の有力な予測指標は提案されておらず,残響下音声認識性能の頑健な予測指標の策定は急務である.これまでに残響下音声認識性能の優劣を判別する残響指標として残響時間が提案されているが,仮定音場と実環境との差異から残響時間だけでなく他の残響特性も変化するため,音声認識性能を予測する残響量の指標として不十分であることが問題視されている.そこで本研究では,ISO3382 Annex Aで説明されている室内音響指標を用いた残響下における頑健な音声認識性能の予測法を提案する.提案法では初期反射音と後続残響音の関係を表す室内音響指標の中でも特にDefinition(D値)に着目し,事前に様々な環境で複数箇所計測したインパルス応答を基に算出したD値と音声認識性能に基づき回帰分析を行うことで残響指標RSR-$D_n$を策定する.策定した残響指標RSR-$D_n$と性能予測を行う残響環境の発話位置におけるインパルス応答を基に残響下音声認識性能の予測を試みる.評価実験の結果,従来の残響時間に基づく手法と比較して残響指標RSR-$D_n$は,より頑健に残響下音声認識性能を予測できることを確認した. 
(英) As no common reverberation criteria for the recognition of reverberant-speech have been proposed, it has been difficult to estimate this. We thus proposed new reverberation criteria, RSR-$D_n$ (Reverberant Speech Recognition criteria with $D_n$) based on ISO3382 acoustic parameters. We first designed the suitable reverberation criteria with the relation between ISO3382 Annex A acoustic parameters and speech recognition performance. We then estimated the speech recognition performance based on our designed reverberation criteria, RSR-$D_n$. As a result of evaluation experiments, we could confirm that the recognition performance could be accurately and robustly estimated with proposed RSR-$D_n$.
キーワード (和) 残響下音声認識 / 性能予測 / 室内音響指標 / 残響時間 / 残響指標 / / /  
(英) Reverberant speech recognition / Performance estimation / Acoustic parameters / Reverberation time / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 56, SP2010-3, pp. 13-18, 2010年5月.
資料番号 SP2010-3 
発行日 2010-05-19 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SP EA SIP  
開催期間 2010-05-26 - 2010-05-27 
開催地(和) 甲南大学平生セミナーハウス 
開催地(英) Konan Univ. (Hirao Seminar House) 
テーマ(和) 音声,応用/電気音響,信号処理,および一般 
テーマ(英) Speech, Engineering/Electro Acoustics, Signal Processing,and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2010-05-SP-EA-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 残響指標RSR-Dnに基づく残響環境下音声認識の予測性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Evaluation of the performance estimation of reverberant speech recognition with reverberant criteria, RSR-Dn 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 残響下音声認識 / Reverberant speech recognition  
キーワード(2)(和/英) 性能予測 / Performance estimation  
キーワード(3)(和/英) 室内音響指標 / Acoustic parameters  
キーワード(4)(和/英) 残響時間 / Reverberation time  
キーワード(5)(和/英) 残響指標 /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 福森 隆寛 / Takahiro Fukumori / フクモリ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 森勢 将雅 / Masanori Morise / モリセ マサノリ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 西浦 敬信 / Takanobu Nishiura / ニシウラ タカノブ
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-05-26 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-EA2010-3,IEICE-SIP2010-3,IEICE-SP2010-3 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.54(EA), no.55(SIP), no.56(SP) 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2010-05-19,IEICE-SIP-2010-05-19,IEICE-SP-2010-05-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会