電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-05-26 14:15
拡散音場理論に基づく残響環境下音声認識
太刀岡勇気花沢利行岩崎知弘三菱電機
抄録 (和) 残響環境下での音声認識性能向上のための残響除去法を提案する.本方式はスペクトルサブトラクション(SS)法により残響を除去する.その際のSS法の引き去り係数は,拡散音場理論に基づき残響時間から算出する.残響時間を発話から推定することで,事前知識なくさまざまな残響環境においてロバストに残響除去を行うことができる.JEIDA-JCSD (B-set)の音声とIPSJ SIG-SLP 残響下音声認識評価環境CENSREC-4を用いた音声認識実験により提案法の有効性を示す. 
(英) This paper addresses a dereverberation method for improving speech recognition capability under reverberant environments. This method dereverberates speeches using the Spectral Subtraction (SS) method. According to the diffuse sound theory, subtraction coefficients of the SS method are calculated from a reverberation time. The proposed method can dereverberate speeches in various reverberant environments robustly without prior knowledge because it estimates reverberation times from speeches. Recognition experiments with JEIDA-JCSD (B-set) and CENSREC-4 show that the proposed method improves recognition rate in reverberant environments.
キーワード (和) 音声認識 / 残響除去 / 拡散音場理論 / 残響時間 / SS法 / / /  
(英) speech recognition / dereveberation / diffuse sound field theory / reverberation time / spectral subtraction (SS) method / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 56, SP2010-4, pp. 19-24, 2010年5月.
資料番号 SP2010-4 
発行日 2010-05-19 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SP EA SIP  
開催期間 2010-05-26 - 2010-05-27 
開催地(和) 甲南大学平生セミナーハウス 
開催地(英) Konan Univ. (Hirao Seminar House) 
テーマ(和) 音声,応用/電気音響,信号処理,および一般 
テーマ(英) Speech, Engineering/Electro Acoustics, Signal Processing,and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2010-05-SP-EA-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 拡散音場理論に基づく残響環境下音声認識 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Speech Recognition under Reverberant Environments Based on the Diffuse Sound Field Theory 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音声認識 / speech recognition  
キーワード(2)(和/英) 残響除去 / dereveberation  
キーワード(3)(和/英) 拡散音場理論 / diffuse sound field theory  
キーワード(4)(和/英) 残響時間 / reverberation time  
キーワード(5)(和/英) SS法 / spectral subtraction (SS) method  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 太刀岡 勇気 / Yuuki Tachioka / タチオカ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 花沢 利行 / Toshiyuki Hanazawa / ハナザワ トシユキ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩崎 知弘 / Tomohiro Iwasaki / イワサキ トモヒロ
第3著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-05-26 14:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-EA2010-4,IEICE-SIP2010-4,IEICE-SP2010-4 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.54(EA), no.55(SIP), no.56(SP) 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2010-05-19,IEICE-SIP-2010-05-19,IEICE-SP-2010-05-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会