電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-05-26 16:25
任意乗スペクトル減算法におけるミュージカルノイズ発生量の数理解析
井上貴之高橋 祐猿渡 洋鹿野清宏奈良先端大)・近藤多伸ヤマハST開発センター
抄録 (和) 本稿では,高次統計量に基づくミュージカルノイズ評価尺度を用いて,任意乗でのスペクトル減算法のミュージカルノイズ発生量の理論解析を行った結果を述べる.スペクトル減算法のパラメータの一つとして,指数乗ドメインがあり,スペクトル減算法を用いた過去の関連研究において,2 乗ドメインでの処理が多いことが調査により明らかになった. 先行研究により,ミュージカルノイズの評価尺度を用いて,2 乗ドメインにおけるミュージカルノイズ発生量の理論解析が行われたが,異なる指数乗ドメインにおけるミュージカルノイズ発生量は明らかにされておらず,指数乗パラメータ間で相互比較が困難であった.そこで,本稿では任意の指数乗パラメータを用いて過去の理論の一般化を行い,低い指数乗ドメインほどミュージカルノイズ発生量が少ないことを明らかにした.この結果はパワーおよび振幅ドメインにおけるスペクトル減算において,理論的な妥当性がないことを示唆している. 
(英) In this paper, we provide a new theoretical analysis of the amount of musical noise generated via generalized spectral subtraction based on higher-order statistics. Power spectral subtraction is the most commonly used spectral subtraction method, and in our previous study a musical noise assessment theory limited to the power spectral domain was proposed.
Therefore, in this paper, we propose a generalization of our previous theory on spectral subtraction for arbitrary exponent parameters. We can thus the amount of musical noise between any exponent domains from the results of our analysis. We also clarify that less musical noise is generated when we choose the lower exponent spectral domain; this implies that there is no theoretical justification for using power/amplitude spectral subtraction.
キーワード (和) ミュージカルノイズ / 高次統計量 / 非線形信号処理 / 一般化スペクトル減算 / / / /  
(英) Musical noise / higher-order statistics / nonlinear signal processing / generalized spectral subtraction / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 56, SP2010-7, pp. 37-42, 2010年5月.
資料番号 SP2010-7 
発行日 2010-05-19 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SP EA SIP  
開催期間 2010-05-26 - 2010-05-27 
開催地(和) 甲南大学平生セミナーハウス 
開催地(英) Konan Univ. (Hirao Seminar House) 
テーマ(和) 音声,応用/電気音響,信号処理,および一般 
テーマ(英) Speech, Engineering/Electro Acoustics, Signal Processing,and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2010-05-SP-EA-SIP 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 任意乗スペクトル減算法におけるミュージカルノイズ発生量の数理解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Mathematical metric of musical noise in arbitrary exponent domain SS 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ミュージカルノイズ / Musical noise  
キーワード(2)(和/英) 高次統計量 / higher-order statistics  
キーワード(3)(和/英) 非線形信号処理 / nonlinear signal processing  
キーワード(4)(和/英) 一般化スペクトル減算 / generalized spectral subtraction  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 貴之 / Takayuki Inoue / イノウエ タカユキ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 祐 / Yu Takahashi / タカハシ ユウ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 猿渡 洋 / Hiroshi Saruwatari / サルワタリ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 鹿野 清宏 / Kiyohiro Shikano / シカノ キヨヒロ
第4著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 近藤 多伸 / Kazunobu Kondo / コンドウ カズノブ
第5著者 所属(和/英) ヤマハST開発センター (略称: ヤマハST開発センター)
Center for Advanced Sound Techonogies, Yamaha Corp (略称: Center for Advanced Sound Techonogies, Yamaha Corp)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-05-26 16:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-EA2010-7,IEICE-SIP2010-7,IEICE-SP2010-7 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.54(EA), no.55(SIP), no.56(SP) 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2010-05-19,IEICE-SIP-2010-05-19,IEICE-SP-2010-05-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会