お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-05-21 16:10
膝のMR画像における関節軟骨輪郭の半自動抽出法
佐藤宏樹林 豊彦大森 豪渡邉 聡笹川圭右前田義信渡辺哲也新潟大MBE2010-8
抄録 (和) 膝運動の解析には,膝疾患の病態解明や術後の快復状態の把握など,多くの臨床応用がある.3次元で膝運動を解析するために,最近,透視X線動画像と3次元骨モデルを重ね合わるアプローチが用いられている.この手法を「関節軟骨」を含めた動態解析に拡張するためには,骨のみならず軟骨の3次元モデルが必要となる.そこで本論文では,「MR画像における関節軟骨輪郭を半自動抽出する方法」を提案する.この抽出法には,部分的に不鮮明な関節軟骨輪郭を,手入力した初期輪郭から反復的に抽出することができる利点がある.反復の評価関数は,輪郭付近の濃度値を用いて更新前後の輪郭の違いを評価する.半自動抽出された輪郭の妥当性を評価するために,我々は2枚の膝のMR画像を用いていくつか実験を行った.すべての実験結果は,提案した輪郭抽出法が膝の関節軟骨の正確な輪郭を高い再現性で,かつ簡単に抽出できる可能性があることを示唆していた. 
(英) Knee motion analysis has many clinical applications such as diagnosis of knee diseases and evaluation of postoperative knee functions. For analyzing knee motion in three-dimensions, a 3-D model based approaches were introduced recently by combining a fluoroscopic image-sequence of knee motion and a 3-D model of related knee bones. In order to expand such analysis into that including the articular cartilage, we need a 3-D model of the cartilage as well as bones. Then this paper proposed a semi-automatic extraction of cartilage contour in MR images. This extraction method has an advantage that a contour of the cartilage partly unclear in MR image can be estimated iteratively by using a function of evaluating the overall difference between present contour and that estimated from its neighboring gray distribution, from an initial contour roughly digitized manually. To evaluate its validity, we carried out several experiments using two different MR images of the knee. All empirical results suggested that our method would have a potential of easily extracting an accurate contour of the cartilage with high reproducibility.
キーワード (和) MR画像 / 関節軟骨輪郭 / 膝運動の解析 / / / / /  
(英) MR images / articular cartilage contour / knee motion analysis / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 52, MBE2010-8, pp. 41-46, 2010年5月.
資料番号 MBE2010-8 
発行日 2010-05-14 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MBE2010-8

研究会情報
研究会 MBE  
開催期間 2010-05-21 - 2010-05-21 
開催地(和) 富山大学 
開催地(英) Toyama Univ. 
テーマ(和) ME,一般 
テーマ(英) ME in general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2010-05-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 膝のMR画像における関節軟骨輪郭の半自動抽出法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A semi-automatic extraction of the contour of the articular cartilage from MR images of the knee 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MR画像 / MR images  
キーワード(2)(和/英) 関節軟骨輪郭 / articular cartilage contour  
キーワード(3)(和/英) 膝運動の解析 / knee motion analysis  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 宏樹 / Hiroki Sato / サトウ ヒロキ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 豊彦 / Toyohiko Hayashi / ハヤシ トヨヒコ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大森 豪 / Go Omori / オオモリ ゴウ
第3著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邉 聡 / Satoshi Watanabe / ワタナベ サトシ
第4著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹川 圭右 / Keisuke Sasagawa / ササガワ ケイスケ
第5著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 義信 / Yoshinobu Maeda / マエダ ヨシノブ
第6著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 哲也 / Tetsuya Watanabe / ワタナベ テツヤ
第7著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-05-21 16:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2010-8 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.52 
ページ範囲 pp.41-46 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MBE-2010-05-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会