お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-05-21 10:25
ダイナミックスペクトルアクセスに向けた周波数-時間領域分割処理による与干渉抑圧伝送方式の検討
二木康則有吉正行NECSR2010-9
抄録 (和) 本稿はダイナミックスペクトルアクセス(DSA)に向けた周波数-時間領域分割処理による与干渉抑圧伝送方式Interference Suppression technique by Partitioned Frequency- and Time-domain processing (IS-PFT)を提案する。ダイナミックスペクトルアクセス型コグニティブ無線システムにおいては低優先度システムが高優先度システムに対して干渉を回避して通信することが重要である。一般に、OFDMベースの伝送方式はサブキャリアのサイドローブ成分により送信帯域外の漏洩電力が大きく、DSAに適用する場合は何らかの与干渉抑圧技術が必要とされる。送信帯域外の漏洩電力を抑圧して深い狭帯域ノッチを形成する与干渉抑圧伝送技術として、周波数領域の処理によるActive Interference Cancellation (AIC)が知られている。しかし、AICは与干渉回避帯域幅が広い場合において十分な抑圧効果が得られない。そこで、本稿は実システムモデルを考慮して与干渉回避帯域幅が比較的広い場合において与干渉抑圧効果が得られるIS-PFTを提案する。提案法のIS-PFTは時間領域の処理である窓関数処理(windowing)とAICの分割処理により与干渉抑圧を行う。計算機シミュレーションの結果、地上波デジタルテレビ帯域を使用するワイヤレスマイクを考慮した与干渉評価においてIS-PFTは従来方式と比べて電力スペクトル密度を最大6 [dB]低減できることが分かった。さらに、地上波デジタルテレビの隣接チャネルを2次利用する場合において、IS-PFTは従来法と比べて隣接チャネルへの漏洩電力を2 [dB]低減できることが分かった。 
(英) This paper studies on interference suppression techniques for dynamic spectrum access (DSA). For DSA systems, it is important to avoid interference to high-priority systems caused by low-priority systems. Generally, OFDM based transmission induces high out-of-band emission because of the side-lobes of the transmitted sub-carriers. Therefore, interference suppression techniques are needed for OFDM based DSA systems. Active Interference Cancellation (AIC) is known as a frequency-domain processing solution, which is capable of creating a deep notch with narrow bandwidth. However, the AIC doesn’t take enough advantage on suppression gain for wider bandwidth interference avoidance notch. In this paper, we propose an Interference Suppression technique by Partitioned Frequency- and Time-domain (IS-PFT) processing to achieve high suppression gain for wider bandwidth interference avoidance band. The IS-PFT is configured by partitioned combination of the AIC in frequency-domain and a windowing processing in time-domain. It is shown by computer simulations that the interference power spectrum density is reduced by 6 [dB] at maximum for the IS-PFT compared to the conventional method in a condition of considering a wireless microphone in Digital terrestrial TV (DTV) band. Moreover, it is shown that the interference power of the IS-PFT is reduced by 2 [dB] compared to the conventional method in a condition of the adjacent DTV channel use.
キーワード (和) 与干渉抑圧 / 窓関数処理 / Active Interference Cancellation / ダイナミックスペクトルアクセス / / / /  
(英) Interference Suppression / Windowing / Active Interference Cancellation / Dynamic Spectrum Access / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 41, SR2010-9, pp. 49-55, 2010年5月.
資料番号 SR2010-9 
発行日 2010-05-13 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2010-9

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2010-05-20 - 2010-05-21 
開催地(和) 慶応大学 
開催地(英) Keio Univ. (Tokyo) 
テーマ(和) 国際標準化,国際ワークショップ,一般 
テーマ(英) International Workshop, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2010-05-SR 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) ダイナミックスペクトルアクセスに向けた周波数-時間領域分割処理による与干渉抑圧伝送方式の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Interference Suppression Technique by Partitioned Frequency- and Time-domain Processing for Dynamic Spectrum Access 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 与干渉抑圧 / Interference Suppression  
キーワード(2)(和/英) 窓関数処理 / Windowing  
キーワード(3)(和/英) Active Interference Cancellation / Active Interference Cancellation  
キーワード(4)(和/英) ダイナミックスペクトルアクセス / Dynamic Spectrum Access  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 二木 康則 / Yasunori Futatsugi / フタツギ ヤスノリ
第1著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 有吉 正行 / Masayuki Ariyoshi / アリヨシ マサユキ
第2著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-05-21 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2010-9 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.41 
ページ範囲 pp.49-55 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-SR-2010-05-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会