電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-05-21 10:30
センサネットワークにおけるパケット統合のための適応制御の検討
塚本直幸豊橋技科大)・藤原孝洋函館高専
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 無線センサネットワークでは、センサノードのリソースが限られるため高速な通信を行うことが難しい。特に、クラスタヘッドやシンクノード周辺では転送されるパケットが集中するため、効率的にデータを伝送することが求められ、スループットの向上が重要である。そこで、本稿では、センサノードから送信されるデータの類似性と、通信環境による通信エラーの発生メカニズムに注目し、伝送スループットの向上を図ることを目的とする通信方式を提案する。提案方式では、複数のパケットを統合して共通部分をまとめ、データ圧縮によってパケットを収縮して通信の効率化を図る。しかし、この統合・圧縮されたパケットがネットワークのMTU(Maximum Transmission Unit)サイズより大きい場合、フラグメンテーションによってパケットが細分化され、伝送効率が低下する。本方式では、通信環境の状態によって、フラグメンテーションサイズを動的に制御し、通信効率の最適化を図る。コンピュータシミュレーションによって、データ圧縮特性と適応制御による無線通信のスループット特性について評価を行い、データ圧縮効率の観点からは511バイト以上のパケットが有効であること、パケットサイズの適応制御では、スループットが最大57%改善されたことを確認した。 
(英) In wireless sensor networks, as the resources of sensor nodes are limited, it is difficult to provide high-speed communications. As the packets forwarded from sensor nodes converge on nodes around a cluster head or a sink node, it is a critical issue to transmit data efficiently and to improve the throughput. Paying attention to affinities of data transmitted from sensor nodes, and mechanism of communications failure due to communications environment, we discuss in this paper a scheme to integrate packets and to merge the common part of them, and to compresses the packet to make the size smaller. In addition, the scheme dynamically adjusts the packet size according to the conditions of wireless communications to achieve high efficient transmission, resulting in high throughput. We show experimental results on the performance of data integration and compression, and on the throughput of wireless communications by computer simulation.
キーワード (和) 無線センサネットワーク / パケット統合 / データ圧縮 / フラグメンテーション / 適応制御 / / /  
(英) Wireless Sensor Networks / Packet Integration / Data Compression / Fragmentation / Adaptive Control / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 50, USN2010-5, pp. 21-24, 2010年5月.
資料番号 USN2010-5 
発行日 2010-05-14 (USN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 USN  
開催期間 2010-05-21 - 2010-05-21 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) フレッシュマン・セッション、ユビキタス・センサネットワークを支える理論、一般 
テーマ(英) Freshman Session, and Fundamental theories for ubiquitous and sensor networks, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 USN 
会議コード 2010-05-USN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) センサネットワークにおけるパケット統合のための適応制御の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Adaptive Control for an Integrated Packet in Sensor Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線センサネットワーク / Wireless Sensor Networks  
キーワード(2)(和/英) パケット統合 / Packet Integration  
キーワード(3)(和/英) データ圧縮 / Data Compression  
キーワード(4)(和/英) フラグメンテーション / Fragmentation  
キーワード(5)(和/英) 適応制御 / Adaptive Control  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 塚本 直幸 / Naoyuki Tsukamoto / ツカモト ナオユキ
第1著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: TUT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤原 孝洋 / Takahiro Fujiwara / フジワラ タカヒロ
第2著者 所属(和/英) 函館工業高等専門学校 (略称: 函館高専)
Hakodate National College of Technology (略称: Hakodate NCT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-05-21 10:30:00 
発表時間 15 
申込先研究会 USN 
資料番号 IEICE-USN2010-5 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.50 
ページ範囲 pp.21-24 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-USN-2010-05-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会