電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-05-20 14:50
[奨励講演]ISP主導のアプリケーションネットワーク制御を実現するオーバレイルータの設計
大溝拓也益井賢次飯田勝吉東工大
抄録 (和) 現在、様々なトラフィック要求を持つアプリケーションがインターネット上で動作しており、それらのトラフィック要求とネットワーク管理者側であるISP (Internet Service Provider) のトラフィック要求との間に競合が発生している。本稿ではこの問題を解決するため、アプリケーションごとに仮想バックボーンを構成する手法を提案する。具体的には、各ノード間で仮想的なバックボーンをオーバレイネットワークとして構成するオーバレイルータと呼ばれるノードを用いた通信方式の提案と、そのオーバレイルータの設計を行う。ISPが制御するオーバレイルータは、アプリケーション別の仮想的なバックボーンをその品質要求と、ISP自身が所有するトラフィック要求を満たすように構成し、仮想バックボーン上でのデータ転送をサービスをエンドノードに提供する。 
(英) Applications on the Internet are having different traffic engineering requirements, and such requirements often conflict with traffic engineering requirements from Internet Service Providers (ISPs). To overcome this problem, we propose a novel network architecture that constructs a virtual backbone for each application, in which the virtual backbones are constructed by overlay routers managed by ISPs.
キーワード (和) アプリケーション制御 / ISP主導 / オーバレイルータ / 仮想バックボーンサービス / / / /  
(英) Application Control / ISP-Driven / Overlay Router / Virtual Backbone Service / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 39, NS2010-18, pp. 13-18, 2010年5月.
資料番号 NS2010-18 
発行日 2010-05-13 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS  
開催期間 2010-05-20 - 2010-05-21 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 高度プロトコル・ネットワーキング技術(IP及び高位レイヤルーチング・フィルタリング、マルチキャスト、品質・経路制御)、IPNWの利用技術(P2P、P4P、オーバレイ、SIP、NGN)、ネットワークシステム関連技術(システム構成法、インタフェース、アーキテクチャ、ハードウェア・ソフトウェア・ミドルウェア)、一般 
テーマ(英) Advanced Protocol and Network Control (Application level routing, QoS and Path Control, P2P, P4P, SIP), Network System Architecture (Interface, Hardware, Software) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2010-05-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ISP主導のアプリケーションネットワーク制御を実現するオーバレイルータの設計 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design of Overlay Router for ISP-Driven Control of Application Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アプリケーション制御 / Application Control  
キーワード(2)(和/英) ISP主導 / ISP-Driven  
キーワード(3)(和/英) オーバレイルータ / Overlay Router  
キーワード(4)(和/英) 仮想バックボーンサービス / Virtual Backbone Service  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大溝 拓也 / Takuya Omizo / オオミゾ タクヤ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 益井 賢次 / Kenji Masui / マスイ ケンジ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯田 勝吉 / Katsuyoshi Iida / イイダ カツヨシ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-05-20 14:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2010-18 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.39 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2010-05-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会