電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-05-14 16:00
劣化画像復元のための有色性駆動源を持つ2次元カルマンフィルタ
長保 龍田邉 造諏訪東京理科大)・古川利博東京理科大
抄録 (和) 本論文は,有色性駆動源を持つ2次元カルマンフィルタを用いた劣化画像復元手
法を提案する.提案手法のアルゴリズムは,(i)複数の注目領域(復元する領域)
とその領域に隣接する周辺画素領域からなる原画像のみによって構成される状態
方程式と,(ii)その原画像とぼけ関数と雑音から構成される観測方程式を用いる
ことで,劣化画像復元を実現している.提案手法の特徴は,従来のカルマンフィ
ルタに必要であった自己回帰システムのコンセプトを用いずに劣化画像復元を行
うことから,(1)演算量の軽減による処理速度の向上,(2)高性能な劣化画像復元
が可能なことである.提案手法の有効性は計算機シミュレーションによって確認
している. 
(英) This method aims to achieve high quality image restoration for blur and noise disturbance from the canonical state space models with (i) a state equation composed of the original image, and (ii) an observation equation composed of the original image, blur, and noise. The remarkable feature of the proposed method is realization of high performance image restoration without sacrificing original image despite simple image restoration using only Kalman filter. We show the effectiveness of the proposed method, using numerical results and subjective evaluation results.
キーワード (和) 劣化画像復元 / ぼけ / 雑音 / 2次元カルマンフィルタ / 自己回帰 / 有色性駆動源 / /  
(英) Image restoration / blur / noise / two-dimensional block Kalman filter / auto regressive / colored driving source / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 26, IE2010-47, pp. 187-192, 2010年5月.
資料番号 IE2010-47 
発行日 2010-05-06 (IE, PRMU, MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU IE MI  
開催期間 2010-05-13 - 2010-05-14 
開催地(和) 中部大 
開催地(英) Chubu Univ. 
テーマ(和) First Person Visionのための認識・理解 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2010-05-PRMU-IE-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 劣化画像復元のための有色性駆動源を持つ2次元カルマンフィルタ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Two-Dimensional Block Kalman Filter with Colored Driving Source for Image Restoration 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 劣化画像復元 / Image restoration  
キーワード(2)(和/英) ぼけ / blur  
キーワード(3)(和/英) 雑音 / noise  
キーワード(4)(和/英) 2次元カルマンフィルタ / two-dimensional block Kalman filter  
キーワード(5)(和/英) 自己回帰 / auto regressive  
キーワード(6)(和/英) 有色性駆動源 / colored driving source  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長保 龍 / Ryu Nagayasu / ナガヤス リュウ
第1著者 所属(和/英) 諏訪東京理科大学 (略称: 諏訪東京理科大)
Tokyo University of Science, Suwa (略称: Tokyo Univ. of Science, Suwa)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田邉 造 / Nari Tanabe / タナベ ナリ
第2著者 所属(和/英) 諏訪東京理科大学 (略称: 諏訪東京理科大)
Tokyo University of Science, Suwa (略称: Tokyo Univ. of Science, Suwa)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 古川 利博 / Toshihiro Furukawa / フルカワ トシヒロ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-05-14 16:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-IE2010-47,IEICE-PRMU2010-35,IEICE-MI2010-35 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.26(IE), no.27(PRMU), no.28(MI) 
ページ範囲 pp.187-192 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IE-2010-05-06,IEICE-PRMU-2010-05-06,IEICE-MI-2010-05-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会