お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-05-14 10:55
複数回会話における会話特徴の変遷 ~ 2人会話がその後に行う3人会話に与える影響 ~
藤原 健大坊郁夫前田奈穂横山ひとみ阪大)・前田貴司京セラ)・岸野文郎関西学院大)・北村喜文東北大)・林 良彦阪大HCS2010-15 HIP2010-15
抄録 (和) 本研究の目的は,初対面の他者との会話を複数回行うことによる会話の変遷について,場の活性度や非言語行動(ジェスチャ回数,相手に頭を向けた回数,発言時間等)を中心に検討することである.初対面の大学生66人(男性51人,女性15人)を対象とし,同性同士の3人1組による実験を行った.先ず,3人中2人ずつで会話を行い,その後に3人会話を行った.最初に行った2人会話が後に続く3人会話時の非言語行動や場の活性度認知にどのような影響を与えるのかを検討した. 
(英) The purpose of this study was to examine how a transition of the conversation would occur among strangers, when they were to engage in multiple conversations and also to investigate how the transition would be associated with the atmosphere, and nonverbal behavior, such as the number of gesture, .head turning toward partner, the amount of utterance. In the experiment, 66 university students an unacquainted with one another participated as one of three-person group participated in dyadic and triadic conversations. Then, the influence of dyadic conversation on following triadic conversation was analyzed particularly in regard with the perceived activation level of atmosphere and nonverbal behavior.
キーワード (和) 2人会話 / 3人会話 / 非言語行動 / 場の活性度 / / / /  
(英) dyadic conversation / triadic conversation / nonverbal behavior / atmosphere / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 33, HCS2010-15, pp. 79-84, 2010年5月.
資料番号 HCS2010-15 
発行日 2010-05-06 (HCS, HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HCS2010-15 HIP2010-15

研究会情報
研究会 HIP HCS  
開催期間 2010-05-13 - 2010-05-14 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) コミュニケーション支援,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2010-05-HIP-HCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数回会話における会話特徴の変遷 
サブタイトル(和) 2人会話がその後に行う3人会話に与える影響 
タイトル(英) Transitional features of multiple conversations. 
サブタイトル(英) The influence of dyadic conversation on following triadic conversation 
キーワード(1)(和/英) 2人会話 / dyadic conversation  
キーワード(2)(和/英) 3人会話 / triadic conversation  
キーワード(3)(和/英) 非言語行動 / nonverbal behavior  
キーワード(4)(和/英) 場の活性度 / atmosphere  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤原 健 / Ken Fujiwara / フジワラ ケン
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大坊 郁夫 / Ikuo Daibo / ダイボウ イクオ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 奈穂 / Nao Maeda / マエダ ナオ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 横山 ひとみ / Hitomi Yokoyama / ヨコヤマ ヒトミ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 貴司 / Takashi Maeda / マエダ タカシ
第5著者 所属(和/英) 京セラ (略称: 京セラ)
KYOCERA (略称: KYOCERA)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 岸野 文郎 / Fumio Kishino / キシノ フミオ
第6著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 北村 喜文 / Yoshifumi Kitamura / キタムラ ヨシフミ
第7著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 良彦 / Yoshihiko Hayashi / ハヤシ ヨシヒコ
第8著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-05-14 10:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2010-15,IEICE-HIP2010-15 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.33(HCS), no.34(HIP) 
ページ範囲 pp.79-84 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HCS-2010-05-06,IEICE-HIP-2010-05-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会