お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-05-14 11:25
Onboard Antennas and Simulation of Service Availability for 21-GHz Band Broadcasting Satellite
Susumu NakazawaMasafumi NagasakaShoji Tanaka・○Kazuyoshi ShogenNHKAP2010-29
抄録 (和) Satellite broadcasting in the 21-GHz band is expected to transmit large-capacity signal by exploiting its wide bandwidth of 600MHz. However, it suffers from large rain attenuation. In order to compensate it, we have been studying rain fading mitigation techniques. In this paper, we show a method to control the radiation pattern dynamically in accordance with the movement of the rain area assuming array-fed reflector antenna using 61 horns. We compared the outage time using dynamically controlled radiation pattern (reconfigurable beam) formed by the array-fed reflector antenna with that using fixed radiation pattern formed by shaped reflector antenna while assuming the same input power to the antenna. According to the simulation during 7days, the accumulated outage time using dynamic radiation pattern was much less than 50% compared to that using static radiation pattern.. 
(英) Satellite broadcasting in the 21-GHz band is expected to transmit large-capacity signal by exploiting its wide bandwidth of 600MHz. However, it suffers from large rain attenuation. In order to compensate it, we have been studying rain fading mitigation techniques. In this paper, we show a method to control the radiation pattern dynamically in accordance with the movement of the rain area assuming array-fed reflector antenna using 61 horns. We compared the outage time using dynamically controlled radiation pattern (reconfigurable beam) formed by the array-fed reflector antenna with that using fixed radiation pattern formed by shaped reflector antenna while assuming the same input power to the antenna. According to the simulation during 7days, the accumulated outage time using dynamic radiation pattern was much less than 50% compared to that using static radiation pattern..
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) Satellite broadcasting / 21-GHz band / Rain attenuation / Fading mitigation / Array-fed reflector antenna / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 23, AP2010-29, pp. 87-92, 2010年5月.
資料番号 AP2010-29 
発行日 2010-05-06 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2010-29

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2010-05-13 - 2010-05-14 
開催地(和) 東南大学(南京) 
開催地(英) Southeast Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) AP 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2010-05-AP 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Onboard Antennas and Simulation of Service Availability for 21-GHz Band Broadcasting Satellite 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / Satellite broadcasting  
キーワード(2)(和/英) / 21-GHz band  
キーワード(3)(和/英) / Rain attenuation  
キーワード(4)(和/英) / Fading mitigation  
キーワード(5)(和/英) / Array-fed reflector antenna  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中澤 進 / Susumu Nakazawa / ナカザワ ススム
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長坂 正史 / Masafumi Nagasaka / ナガサカ マサフミ
第2著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 祥二 / Shoji Tanaka / タナカ ショウジ
第3著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 正源 和義 / Kazuyoshi Shogen /
第4著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-05-14 11:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2010-29 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.23 
ページ範囲 pp.87-92 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2010-05-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会