電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-05-14 09:45
チャネル理論からみたラフ集合論
平塚史人井出陽子向井国昭慶大
抄録 (和) 本報告では、ラフ集合理論とチャネル理論との比較を行う。
情報表に対する数学的なデータ分析の手法であるラフ集合理論の枠組みが、
情報の流れを定式化する数学理論であるチャネル理論に埋め込まれる事を示す。
また両理論間の諸概念の対応を与える。
次に、チャネル理論上の表象システムと呼ばれる概念を紹介する。
ラフ集合によるルール抽出がなされた決定表が、ある特別な表象システムとして特徴付けられる事を示す。 
(英) In this report, we make a comparison between the Rough Set Theory and the Channel Theory.It gives correspondence to the notion between the two theories.
Next we introduce a notion called, "representation system" which comes off the Channel Theory.And we show that the decision table and the decision rule are characterized by a particular representation system.
キーワード (和) チャネル理論 / ラフ集合理論 / 局在論理 / 決定ルール / 制約 / / /  
(英) Channel Theory / Rough Set Theory / Local Logic / Dicidable Rule / Constraint / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 27, PRMU2010-18, pp. 91-96, 2010年5月.
資料番号 PRMU2010-18 
発行日 2010-05-06 (IE, PRMU, MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU IE MI  
開催期間 2010-05-13 - 2010-05-14 
開催地(和) 中部大 
開催地(英) Chubu Univ. 
テーマ(和) First Person Visionのための認識・理解 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2010-05-PRMU-IE-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) チャネル理論からみたラフ集合論 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Rough Set Theory Viewed from Channel Theory 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) チャネル理論 / Channel Theory  
キーワード(2)(和/英) ラフ集合理論 / Rough Set Theory  
キーワード(3)(和/英) 局在論理 / Local Logic  
キーワード(4)(和/英) 決定ルール / Dicidable Rule  
キーワード(5)(和/英) 制約 / Constraint  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 平塚 史人 / Fumito Hiratsuka / ヒラツカ フミト
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 井出 陽子 / Yoko Ide / イデ ヨウコ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 向井 国昭 / Kuniaki Mukai / ムカイ クニアキ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-05-14 09:45:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-IE2010-30,IEICE-PRMU2010-18,IEICE-MI2010-18 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.26(IE), no.27(PRMU), no.28(MI) 
ページ範囲 pp.91-96 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IE-2010-05-06,IEICE-PRMU-2010-05-06,IEICE-MI-2010-05-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会