電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-05-13 15:30
First Person VisionのためのInside-Outカメラの提案
清水彰一西尾和晃中部大)・木村 誠産総研)・藤吉弘亘中部大
抄録 (和) 人の行動意図を認識しようとするFirst Person Vision では,人の状態とその人が何を見ているのかという情報が必要となる.そこで我々は,人の眼球と人の視界映像を同時に取得するInside-Out カメラを提案し,そのカメラの構成を生かした注視点の推定法も提案する.Inside-Out カメラはハーフミラーを介して眼球を正面から,視界映像を眼球と同等の位置から撮影することができる.Inside-Out カメラでは,眼球を撮影した画像から得られる視線ベクトルと視界を撮影した画像から得られる注視点位置の関係を変換式で表すことが可能である.そのため,変換式のパラメータをあらかじめ推定することにより,視線ベクトルから注視点を推定する.評価実験では,ランドマークを注視した際の両眼,両視界映像を撮影し,視界画像のランドマーク位置を真値として視線ベクトルから推定された注視点との誤差を算出した.その結果より,約15 pixel の平均誤差で注視点を推定可能であることを確認した. 
(英) First Person Vision, which attempts to understand a person’s behavioral intention, requires information on the person’s state and on what the person is looking at. We propose an inside-out camera that simultaneously obtains image of one of the person’s eyeballs and image of that person’s visual field, and propose a method for estimating the person’s gaze point based on the configuration of the camera. The inside-out camera uses a half mirror to capture the eyeball from the front and the person’s visual field from the same position as the eyeball. The relationship between the gaze vector obtained from the eyeball video and the gaze point obtained from the scene video is expressed by a conversion equation, and the gaze point is estimated from the gaze vector by estimating beforehand the parameters of this conversion equation. In an evaluation experiment, we took scene video for both eyes when gazing at a certain landmark as evaluation data, and calculated the error between the position of the landmark in the scene video as the true value and the gaze point estimated from the gaze vector. It was found that the gaze point could be estimated with an average error of about 15 pixels.
キーワード (和) First Person Vision / Inside-Outカメラ / 視線検出 / ステレオ視 / / / /  
(英) First Person Vision / Inside-Out Camera / Gaze Estimation / Stereo Vision / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 27, PRMU2010-10, pp. 47-52, 2010年5月.
資料番号 PRMU2010-10 
発行日 2010-05-06 (IE, PRMU, MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU IE MI  
開催期間 2010-05-13 - 2010-05-14 
開催地(和) 中部大 
開催地(英) Chubu Univ. 
テーマ(和) First Person Visionのための認識・理解 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2010-05-PRMU-IE-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) First Person VisionのためのInside-Outカメラの提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal of Inside-Out Camera for First Person Vision 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) First Person Vision / First Person Vision  
キーワード(2)(和/英) Inside-Outカメラ / Inside-Out Camera  
キーワード(3)(和/英) 視線検出 / Gaze Estimation  
キーワード(4)(和/英) ステレオ視 / Stereo Vision  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 彰一 / Shoichi Shimizu / シミズ ショウイチ
第1著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西尾 和晃 / Kazuaki Nishio / ニシオ カズアキ
第2著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 誠 / Makoto Kimura / キムラ マコト
第3著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 デジタルヒューマン研究センター (略称: 産総研)
AIST Digital Human Research Center (略称: AIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤吉 弘亘 / Hironobu Fujiyoshi / フジヨシ ヒロノブ
第4著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-05-13 15:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-IE2010-22,IEICE-PRMU2010-10,IEICE-MI2010-10 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.26(IE), no.27(PRMU), no.28(MI) 
ページ範囲 pp.47-52 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IE-2010-05-06,IEICE-PRMU-2010-05-06,IEICE-MI-2010-05-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会