電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-05-13 16:45
左心室壁MR位相コントラスト画像からの幾何制約を用いた断面内ひずみ解析
南 星治阪大)・原口 亮中沢一雄国立循環器病センター)・中村匡徳和田成生阪大
抄録 (和) 心臓の力学的特性を考える上で,全身に血液を駆出している左心室壁の運動を解析することは重要である.心臓の拍動における複雑な収縮拡張運動は生体力学的に非常に興味深く,さまざまな手法で解析がなされている.形状抽出と同時に速度の計測をおこなうことができる撮像法であるMR位相コントラスト法(以下MR-PC法)は,撮影断面上の三次元速度場を強度画像と同じ分解能で得ることができるため,これを用いれば左心室壁に生じるひずみ解析が可能であると考えられる.速度情報からひずみ解析を行うにあたり,点群の形状を対応づけ変形勾配テンソルを求める幾何制約に基づく新しい変形手法を提案する.この手法は計算負荷が低く,変形に対するロバスト性が高い特徴を持っているため,医用画像から抽出したデータから,複雑な心臓の動きを表現できる可能性がある.本研究では位相画像から抽出された左心室壁領域において幾何制約を用いて変形を表現し,二次元ひずみ解析を行うことで,MR-PC画像からのひずみ解析の可能性を示した. 
(英) Analysis of the left ventricular wall motion is important for estimating the mechanical characteristics of the heart. MR Phase-contrast imaging enables us to obtain the three-dimensional velocity data for each pixel. We analyzed the strain in short-axis plane of the left ventricle by using the MR-PC images. In this study, we introduce the new approach based on geometrically-constrained deformation for strain analysis in medical images. We found that the deformation tensor obtained by our method directly leads to mechanical strain tensor of the heart. This approach has low computational load and robust against finite deformation. Our method could provide a clear insight for the complex wall motion of the heart.
キーワード (和) 左心室壁 / MR-PC法 / 幾何制約を用いた変形 / ひずみ解析 / / / /  
(英) Left Ventricular Wall / MR-Phase Contrast Imaging / Geometrically Deformation / Strain Analysis / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 28, MI2010-16, pp. 79-84, 2010年5月.
資料番号 MI2010-16 
発行日 2010-05-06 (IE, PRMU, MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU IE MI  
開催期間 2010-05-13 - 2010-05-14 
開催地(和) 中部大 
開催地(英) Chubu Univ. 
テーマ(和) First Person Visionのための認識・理解 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2010-05-PRMU-IE-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 左心室壁MR位相コントラスト画像からの幾何制約を用いた断面内ひずみ解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Strain Analysis of Left Ventricular Wall with Geometrically-Constrained Deformation Using MR-Phase Contrast Imaging 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 左心室壁 / Left Ventricular Wall  
キーワード(2)(和/英) MR-PC法 / MR-Phase Contrast Imaging  
キーワード(3)(和/英) 幾何制約を用いた変形 / Geometrically Deformation  
キーワード(4)(和/英) ひずみ解析 / Strain Analysis  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 南 星治 / Seiji Minami / ミナミ セイジ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 原口 亮 / Ryo Haraguchi / ハラグチ リョウ
第2著者 所属(和/英) 国立循環器病研究センター研究所 (略称: 国立循環器病センター)
National Cerebral and Cardiovascular Center Research Institute (略称: NCVC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中沢 一雄 / Kazuo Nakazawa / ナカザワ カズオ
第3著者 所属(和/英) 国立循環器病研究センター研究所 (略称: 国立循環器病センター)
National Cerebral and Cardiovascular Center Research Institute (略称: NCVC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 匡徳 / Masanori Nakamura / ナカムラ マサノリ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田 成生 / Shigeo Wada / ワダ シゲオ
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-05-13 16:45:00 
発表時間 30 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-IE2010-28,IEICE-PRMU2010-16,IEICE-MI2010-16 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.26(IE), no.27(PRMU), no.28(MI) 
ページ範囲 pp.79-84 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IE-2010-05-06,IEICE-PRMU-2010-05-06,IEICE-MI-2010-05-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会