お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年6月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-05-13 11:00
適応的格子法と部分変形法を用いた高速・高精度なMulti-Level B-spline変換
瀬尾昌孝陳 延偉立命館大IE2010-15 PRMU2010-3 MI2010-3
抄録 (和) 近年,多くの映像作品や幅広い研究分野において画像のワーピングに対するニーズは増加傾向にあり,これに関して多くの手法が提案されている.このうちB-spline変換は多少の誤差を含有するものの,自然で滑らかな形状変化が可能な非常に有用なワーピング手法である.また,このワーピング誤差低減手法としてmulti-level B-spline変換という手法が提案されている.この手法はB-spline変換の特徴である自然さ・滑らかさを保ちつつ,高精度なワーピングを実現する手法である.しかしその反面,精度向上に伴い処理に要する計算量が従来のB-spline変換に比べ大幅に増加する.これが使用上の最大のボトルネックとなっている.本論文ではこれらの問題を考慮し,適応的格子法と部分変形法という手法を提案することでB-spline変換・multi-level B-spline変換の計算時間削減・精度向上の両立を実現した. 
(英) Image warping is an important visual effect tool in entertainment industry and other research field. The B-spline approximation is a powerful and useful warping algorithm. In order to minimize the warping error, a multi-level B-spline approximation has been proposed. Though a natural and smooth warped image can be obtained by using the multi-level B-spline approximation, it takes a large computation cost. In this paper, we proposed an adaptive lattice method to reduce the large computation cost and a partial transformation method for enhancement of the warping accuracy. The experimental results show that the proposed methods are more efficient and accurate than conventional multi-level B-spline method.
キーワード (和) multi-level B-spline変換 / 顔画像 / ワーピング / 適応的格子法 / 部分変形法 / / /  
(英) multi-level B-spline / facial image / warping / adaptive lattice method / partial transformation method / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 26, IE2010-15, pp. 13-18, 2010年5月.
資料番号 IE2010-15 
発行日 2010-05-06 (IE, PRMU, MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IE2010-15 PRMU2010-3 MI2010-3

研究会情報
研究会 PRMU IE MI  
開催期間 2010-05-13 - 2010-05-14 
開催地(和) 中部大 
開催地(英) Chubu Univ. 
テーマ(和) First Person Visionのための認識・理解 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2010-05-PRMU-IE-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 適応的格子法と部分変形法を用いた高速・高精度なMulti-Level B-spline変換 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Fast and Accurate Multi-level B-Spline Approximation with Adaptive Lattice and Partial Transformation Methods 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) multi-level B-spline変換 / multi-level B-spline  
キーワード(2)(和/英) 顔画像 / facial image  
キーワード(3)(和/英) ワーピング / warping  
キーワード(4)(和/英) 適応的格子法 / adaptive lattice method  
キーワード(5)(和/英) 部分変形法 / partial transformation method  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 瀬尾 昌孝 / Masataka Seo / セオ マサタカ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学大学院 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 陳 延偉 / Yen-Wei Chen / チン エンイ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学大学院 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-05-13 11:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-IE2010-15,IEICE-PRMU2010-3,IEICE-MI2010-3 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.26(IE), no.27(PRMU), no.28(MI) 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IE-2010-05-06,IEICE-PRMU-2010-05-06,IEICE-MI-2010-05-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会