お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-05-13 16:00
First Person VisionのためのST-patch特徴を用いた自己動作識別
古川拓弥藤吉弘亘中部大IE2010-23 PRMU2010-11 MI2010-11
抄録 (和) 近年,映像中から人の動作を認識する研究が盛んに行われている.しかし,従来法の多くは人を外側から撮影しているため,行動意図の認識は困難である.このような問題に対し,First Person Visionというアプローチが提案されている.これは,Inside-Outカメラと呼ばれる2つのカメラが搭載されている装置を人の頭部に装着し,人の視界を観測するシーン映像と,眼球を観測した眼球映像から人の行動意図を認識する試みである.本稿では,このFirst Person Visionを実現するために,Inside-Outカメラを用いて撮影したシーン映像のみから大域的ST-patchと局所的ST-patchを用いて特徴を算出し,マルチクラスのBoosting手法であるJoint Boostingを用いて歩行時における6種類の動作識別を行う.評価実験の結果,提案手法はオプティカルフローを用いた比較手法よりも識別精度が27.3%向上した. 
(英) Much research has been devoted in recent years to recognizing human action from video images. Most existing methods, however, take video of people from the outside making it difficult to understand behavioral intention. The First Person Vision approach has been proposed in response to this problem. In this approach, a device consisting of two cameras collectively called an "inside-out camera" is attached to the head of a person to obtain "scene video" that captures the person's visual field
and "eyeball video" that observes one of the person's eyeballs. These video streams are used as a basis for understanding that person's behavioral intention. With the aim of realizing First Person Vision,
we here calculate features using a global ST-patch and a local ST-patch from scene video and attempt to distinguish six types of actions while walking using Joint Boosting. Results of a comparison experiment revealed that the proposed method improved the accuracy of distinguishing actions by 27.3% compared to an optical-flow method.
キーワード (和) First Person Vision / Inside-Outカメラ / ST-patch / Joint Boosting / / / /  
(英) First Person Vision / Inside-Out camera / ST-patch / Joint Boosting / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 27, PRMU2010-11, pp. 53-58, 2010年5月.
資料番号 PRMU2010-11 
発行日 2010-05-06 (IE, PRMU, MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IE2010-23 PRMU2010-11 MI2010-11

研究会情報
研究会 PRMU IE MI  
開催期間 2010-05-13 - 2010-05-14 
開催地(和) 中部大 
開催地(英) Chubu Univ. 
テーマ(和) First Person Visionのための認識・理解 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2010-05-PRMU-IE-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) First Person VisionのためのST-patch特徴を用いた自己動作識別 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Action Recognition using ST-patch Features for First Person Vision 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) First Person Vision / First Person Vision  
キーワード(2)(和/英) Inside-Outカメラ / Inside-Out camera  
キーワード(3)(和/英) ST-patch / ST-patch  
キーワード(4)(和/英) Joint Boosting / Joint Boosting  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 古川 拓弥 / Takuya Furukawa / フルカワ タクヤ
第1著者 所属(和/英) 中部大学大学院 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤吉 弘亘 / Hironobu Fujiyoshi / フジヨシ ヒロノブ
第2著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-05-13 16:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-IE2010-23,IEICE-PRMU2010-11,IEICE-MI2010-11 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.26(IE), no.27(PRMU), no.28(MI) 
ページ範囲 pp.53-58 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IE-2010-05-06,IEICE-PRMU-2010-05-06,IEICE-MI-2010-05-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会