電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-04-27 09:30
MPLS網において低帯域幅消費を実現する複数P2MP LSPを用いたマルチキャスト電子透かし方式
松本 隼高 山清水 翔石井大介岡本 聡山中直明慶大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究では,マルチキャスト電子透かしをMPLS 網において複数のP2MP LSP を切り替えることにより実現する方式を提案する.マルチキャスト電子透かし技術は消費帯域幅の節約および流出元の特定を同時に実現する.従来の暗号化に基づく方式はネットワーク全体の消費帯域幅および追跡精度の面において問題があったが,提案では無駄なブロック転送が一切発生しないため上記を改善する.特性評価において,従来方式と比較し提案方式が消費帯域幅において優れることを示す. 
(英) This paper proposes the method for multicast fingerprinting by using multi P2MP LSPs in MPLS Network. Multicast fingerprinting technology achieves the saving of bandwidth consumption and the tracing traitors simultaneously. While the conventional method based on encryption has the shortcomings in bandwidth consumption on entire network and traceability for traitors, our proposed method improves those two elements since useless block transfers are not occurred at all. Computer simulations show that the proposed method excels in the bandwidth consumption.
キーワード (和) マルチキャスト電子透かし / MPLS / P2MP LSP / / / / /  
(英) Multicast Fingerprinting / MPLS / P2MP LSP / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 20, CS2010-7, pp. 35-40, 2010年4月.
資料番号 CS2010-7 
発行日 2010-04-19 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CS CQ  
開催期間 2010-04-26 - 2010-04-27 
開催地(和) 奥入瀬渓流ホテル(会場と宿泊パックのご案内) 
開催地(英) Oirase Keiryu Hotel 
テーマ(和) グリーンICTとQoE、一般 
テーマ(英) Green ICT, QoE 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2010-04-CS-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MPLS網において低帯域幅消費を実現する複数P2MP LSPを用いたマルチキャスト電子透かし方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Low Bandwidth Consumption Multicast Fingerprinting by using Multi P2MP LSPs in MPLS Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マルチキャスト電子透かし / Multicast Fingerprinting  
キーワード(2)(和/英) MPLS / MPLS  
キーワード(3)(和/英) P2MP LSP / P2MP LSP  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 隼 / Jun Matsumoto / マツモト ジュン
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高 山 / Shan Gao / ガオ シャン
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 翔 / Sho Shimizu / シミズ ショウ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 大介 / Daisuke Ishii / イシイ ダイスケ
第4著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 聡 / Satoru Okamoto / オカモト サトル
第5著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 山中 直明 / Naoaki Yamanaka / ヤマナカ ナオアキ
第6著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-04-27 09:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2010-7 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.20 
ページ範囲 pp.35-40 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2010-04-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会