お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-04-27 10:10
VHF帯域ブロードバンド無線システムの物理レイヤ考察
前田 裕藤原 淳松本洋一ArrayComm LLCRCS2010-10
抄録 (和) アナログTV終了後のVHF帯域(Ch3-Ch9)において、公共ブロードバンド無線システムの利用が検討されている。本帯域は電波伝搬に優れデッドスポットが少なく安定した通信が期待される。一方、公共ブロードバンド無線システムにおいては端末からの映像を監視センターでモニターする用途が多く示されており、アップリンク(以下UL)における効率的な周波数利用が望まれる。本稿では、ULにおける多アンテナの優れた干渉除去能力に着目し、周波数繰り返し3(以下R=3)における2アンテナオムニセル(干渉キャンセラー無し)と同様のUL容量を、干渉キャンセラー適用の8アンテナオムニセルによりR=1にて実現可能であることを明らかにしている。またダウンリンクにはR=3のクラスタを構成のみの場合と、さらにそれに多アンテナ干渉キャンセラを加えることにより良好なダウンリンクの構築が可能であることを示している。 
(英) After analog television broadcast service in VHF band is terminated, public wireless broadband system which uses this VHF band is now on the discussion. This band is attractive in terms that propagation is superior rather than other higher frequency band, which leads to more stable quality and smaller outage area. The primary usage of the public wireless system is considered as uplink traffic such as sending video streams from distributed terminal to control center, therefore, significant uplink capacity is one of the requirement to this wireless system. This paper focuses on the capability of interference cancellation with multi-antenna signal processing with which the same capacity as frequency reuse three with two Omni directional antennas is available by frequency reuse one with eight Omni antennas. In addition, this paper proves that combination of fractional reuse three and interference cancellation with multi-antenna is suitable for higher downlink capacity.
キーワード (和) VHF / ワイヤレスブロードバンド / アダプティブアレイ / マルチアンテナ / 干渉キャンセル / 周波数利用効率 / オムニセル / ワイマックス  
(英) VHF / wireless broadband / adaptive array / multi antenna / interference cancellation / frequency reuse / omni cell / WiMAX  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 19, RCS2010-10, pp. 55-60, 2010年4月.
資料番号 RCS2010-10 
発行日 2010-04-19 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2010-10

研究会情報
研究会 IN RCS  
開催期間 2010-04-26 - 2010-04-27 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) ワイヤレスインターネット、マルチホップネットワーク、メッシュネットワーク、ネットワーク符号化、クロスレイヤ技術、無線通信および一般 
テーマ(英) Wireless Internet, Multi-hop network, Mesh network, Network coding, Cross layer technique, Wireless communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2010-04-IN-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) VHF帯域ブロードバンド無線システムの物理レイヤ考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of the usage of multi-antenna radio access network for public wireless broadband system in VHF band 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) VHF / VHF  
キーワード(2)(和/英) ワイヤレスブロードバンド / wireless broadband  
キーワード(3)(和/英) アダプティブアレイ / adaptive array  
キーワード(4)(和/英) マルチアンテナ / multi antenna  
キーワード(5)(和/英) 干渉キャンセル / interference cancellation  
キーワード(6)(和/英) 周波数利用効率 / frequency reuse  
キーワード(7)(和/英) オムニセル / omni cell  
キーワード(8)(和/英) ワイマックス / WiMAX  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 裕 / Yutaka Maeda / マエダ ユタカ
第1著者 所属(和/英) アレイコム LLC (略称: ArrayComm LLC)
ArrayComm LLC (略称: ArrayComm)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤原 淳 / Atsushi Fujiwara / フジワラ アツシ
第2著者 所属(和/英) アレイコム LLC (略称: ArrayComm LLC)
ArrayComm LLC (略称: ArrayComm)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 洋一 / Yoichi Matsumoto / マツモト ヨウイチ
第3著者 所属(和/英) アレイコム LLC (略称: ArrayComm LLC)
ArrayComm LLC (略称: ArrayComm)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-04-27 10:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2010-10 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.19 
ページ範囲 pp.55-60 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2010-04-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会