電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-03-26 13:00
方向性/拡散性雑音に対する重み付けを利用した音源方向推定
仲村浩尚片岡章俊龍谷大EA2009-115
抄録 (和) 本報告は,マイクロホンアレーを用いて音声を高品質で受音するために,雑音環境下における音源方向を推定する方法について検討したものである.相関の強い雑音成分と相関の弱い雑音成分に分け雑音に対する処理を行う方法を提案する.本報告では,それぞれ方向性雑音成分と拡散性雑音成分とする.複数の雑音区間の相関値を加算することで方向性雑音成分を抽出する.さらに,方向推定を行う直前の雑音区間の雑音成分から方向性雑音成分を減算することで,拡散性雑音成分を抽出する.この二つの雑音成分を利用し,雑音の影響を低減することで雑音環境下での音源方向推定の精度を向上させる手法を提案する.計算機シュミレーションによる評価実験を行い,本提案法の有用性を検証した. 
(英) In this paper, we study sound source localization by using microphone pair under the noisy environment. The proposed method reduces the influence of the noise by using two noise elements and improves the precision of the sound source localization under the noisy environment. The noise consists of directional noise and diffusive noise. Directional noise is a strong element of correlation between microphone pair, and diffusive noise a weak element of correlation. Directional noise is made by adding the correlation value of a number of noise period. Diffusive noise is made by subtracting directional noise from the correlation value of adjacent noise period that perform sound source localization estimation. The proposed method is evaluated by computer simulation and it is shown that it is effective.
キーワード (和) 音源方向推定 / マイクロホンアレー / CSP法 / / / / /  
(英) DOA estimation / Microphone arra / CSP analysis / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 472, EA2009-115, pp. 1-6, 2010年3月.
資料番号 EA2009-115 
発行日 2010-03-19 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2009-115

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2010-03-26 - 2010-03-26 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般(応用/電気音響) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2010-03-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 方向性/拡散性雑音に対する重み付けを利用した音源方向推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Sound Source Localization with the weighted correlation by using Directional/Diffusive noise 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音源方向推定 / DOA estimation  
キーワード(2)(和/英) マイクロホンアレー / Microphone arra  
キーワード(3)(和/英) CSP法 / CSP analysis  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 仲村 浩尚 / Hironao Nakamura / ナカムラ ヒロナオ
第1著者 所属(和/英) 龍谷大学 (略称: 龍谷大)
Ryukoku University (略称: Ryukoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 片岡 章俊 / Akitoshi Kataoka / カタオカ アキトシ
第2著者 所属(和/英) 龍谷大学 (略称: 龍谷大)
Ryukoku University (略称: Ryukoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-03-26 13:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2009-115 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.472 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2010-03-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会