電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-03-26 16:20
実行時のスレッド単位の機能に着目したマルウェアの関連性解析
中里純二NICT)・島村隼平フォースクーナ)・衛藤将史井上大介中尾康二NICT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年のマルウェアは,脆弱性を攻撃する機能や自分自身を拡散し感染拡大を行う機能など,目的に応じて提供されるモジュールを組み合わることで,様々な種類のマルウェアを構成することができる.そこで,動的解析により得られるAPIログから,マルウェアに実装されている機能を抽出する.特に,各スレッドでモジュール実行時に行う一連の操作(機能)が実行されると仮定することで,スレッド単位で同じ機能を持ったマルウェア同士を比較し,機能的な関連性を示すことが可能になる.さらに,機能ごとの関連性が明確になる事で,機能の大小関係など繋がりがわかり,亜種など未知の検体の発見に対しても役立つと考えられる. 
(英) The Internet has been surrounded by various security threats. Malwares, such as computer virus, worm and bot, always play a leading part of the threats. Recently, a lot of kinds of malwares are developed easily to combine some modules that are infection, attack, and so on. It is important to make function of the malware clear. In this paper, we extract function from each thread to present relation between other malware which has same function set. Moreover it is useful for detecting unknown/subspecific malwares.
キーワード (和) インシデント分析 / マルウェア / 動的解析 / / / / /  
(英) Incident Analysis / Malware / Dynamic Analysis / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 476, ICSS2009-68, pp. 35-39, 2010年3月.
資料番号 ICSS2009-68 
発行日 2010-03-19 (ICSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ICSS  
開催期間 2010-03-26 - 2010-03-26 
開催地(和) 北九州市立大学 
開催地(英) The University of Kitakyushu 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICSS 
会議コード 2010-03-ICSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 実行時のスレッド単位の機能に着目したマルウェアの関連性解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Relative Analysis of Malware Behavior based on Function Calls in Parallel Threads 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) インシデント分析 / Incident Analysis  
キーワード(2)(和/英) マルウェア / Malware  
キーワード(3)(和/英) 動的解析 / Dynamic Analysis  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中里 純二 / Junji Nakazato / ナカザト ジュンジ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 島村 隼平 / Jumpei Shimamura / シマムラ ジュンペイ
第2著者 所属(和/英) フォースクーナ株式会社 (略称: フォースクーナ)
ForSchooner Inc. (略称: ForSchooner)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 衛藤 将史 / Masashi Eto / エトウ マサシ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 大介 / Daisuke Inoue / イノウエ ダイスケ
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 中尾 康二 / Koji Nakao / ナカオ コウジ
第5著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-03-26 16:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICSS 
資料番号 IEICE-ICSS2009-68 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.476 
ページ範囲 pp.35-39 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-ICSS-2010-03-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会